目指せ財テクニスト!初心者の為に注意点・方法など誰にでもできる財テクを紹介

財テクとは、手持ちの資金で財産を増やすことを指します!
中には財務テクノロジーと呼んでいる人もいます。

余談ですが、筆者は勝手に”財テクニスト”と呼んでいます。

そんな財テクですが、【どのようにして世間に広まったのか】などの財テクのご説明をしていきます!
財テクが世間に広まったのは、バブル経済の全盛期です。
どのように広まったのかというと、バブル経済の影響で不動産の価格だけに留まらず、日本の経済全体が急騰していました。
そんな超インフレ状態の際に、企業や投資家や一般人が財テクを活用して財産を増やしました!
これが影響して、財テクが世間に広まりました。

バブル経済の全盛期であれば、どんな財テクを活用しようがほとんど関係なく財産を増やすことができましたが、現代のデフレ状態ではこの手法は通じません。
ですが、財テクも時が経つにつれ徐々に進化を遂げてきました。
たとえば、仮想通貨や株式投資などが挙げられます。
このような財テクも最近になって世間に知られるようになりました。

財テクニストになる為にこれから色んな財テクを紹介させて頂きます。



財テクと資産運用って一緒じゃないの?

ここからは、財テクと資産運用の違いについて解説していきます!
では、財テクと資産運用の違いは何でしょう。
それは、【ハイリスク・ハイリターン】か、【ローリスク・ローリターン】かの違いです。
もちろん財テクの方が【ハイリスク・ハイリターン】で、資産運用の方が【ローリスク・ローリターン】です。

財テクは、主に【投資系】です。
たとえば、FX・株・仮想通貨などの投資系が多いです。

そして資産運用は、主に【運用系】です。
たとえば、債券や外貨預金などの運用系です。

資産運用は、ほとんどが【ローリスク・ローリターン】なのでリスクが少ない状態ですが、財テクは、【ハイリスク・ハイリターン】ですのでとてもリスクが高いです。
なので、財テクは様々な工夫をしてリスクを抑える必要があります。

リスクを抑えるには、リスク管理が非常に重要になってきます。

財テク選択の注意点

目指せ財テクニスト!初心者の為に注意点・方法など誰にでもできる財テクを紹介

ここからは、財テクを選ぶときの注意点をご紹介します。

財テクを選ぶときの注意点は以下の3つになります。

・資産を所持している量
・損失を出しても耐えられる
・いつまでに、どのくらいなど詳しい目標を設定する

資産を所持している量

財テクを行う場合は、資産を【どれくらい所持していて】、【どのくらい使えるか】を明確にしておかなければいけません。
使える資産の量によっても、活用する財テクが変わってきます。

なので、まずは自分が資産を【どれくらい所持していて】、【どのくらい使えるか】を明確にしましょう!

もし仮に、15万円を使えることが出来るのであれば、株式投資を行なっていいですし、1,000万円が使えるんであれば不動産投資などができます。
このように、使える金額よって活用する財テクが変わってきます。
もし、月2,000円や4,000円の場合は、積立式の財テクを活用するのも良いでしょう。

損失を出しても耐えられる

財テクの注意点2つ目は、損失を出しても耐えられるというものです。
財テクは、冒頭でも説明した通り【ハイリスク・ハイリターン】です。

ここでいう【ハイリスク・ハイリターン】は株、FX、仮想通貨などがあげられます。

短期間で大きな金額を稼げるというメリットがある反面、短期間で大きな金額を損失してしまうというデメリットが存在します。

なので、あらかじめ資産が減ることを想定して財テクに取り組むと良いです。
損失を出しても耐えられる金額というのは、日常生活に影響がない金額になります。

しっかり逆算してここまでしか使わないというのを自分で決めておきましょう。
それを超えてしまうとギャンブルに変わってしまうので注意して下さい。

いつまでに、どのくらい稼ぐかなど詳しい目標を設定する

財テクを始める前には、必ず【いつまでに、どのくらい稼ぐか】などの詳しい目標を設定しておきましょう!
詳しい目標を設定しておくだけで、自分に合った財テクを見つけることができます。

たとえば、老後までに増やしていたいならiDeCoが最適ですし、目標が未定なら元本割れを引き起こさない個人向け国債が最適です。

おすすめ財テク3選!つみたてNISA、個人向け国債、iDeCoを簡単にまとめてみた
おすすめの財テク3選をピックアップしてみました。投資の中で堅いと思われるつみたてNISA、個人向け国債、iDeCoについて簡単にまとめてみましたので特に初心者の方には見てもらいたい記事になっています。

このように目標を設定しておけば、わざわざ財テクの選定で迷うことがないので、目標を設定しておきましょう!

財テク方法をご紹介!

目指せ財テクニスト!初心者の為に注意点・方法など誰にでもできる財テクを紹介

ここからは、財テク方法をご紹介していきたいと思います!
ここを抑えておくだけで財テクニストの道が広がってきます。

財テクにはたくさんの方法があり、人によって向き不向きがあります。
なので、ここでは財テクの方法をご紹介し、自分に合った財テクを見つけていただきたいなと思います!

では、ご紹介する内容は以下の5つになります!
・つみたてNISA
・ETF
・個人向け国債
・不動産投資型クラウドファンディング
・ふるさと納税

一つ一つ解説していきます。

つみたてNISA

財テク方法1つ目は、つみたてNISAです。
つみたてNISAは、積立投資専用のNISAで、長期的な投資や、積立投資などを支援することを目的としています。
つみたてNISAの特徴は、手数料が安くて、分配金などの支払われる頻度が少ないという特徴があります。
なので、つみたてNISAは、初心者が始めやすい財テクとなっています。

ETF

財テク方法2つ目として挙げられるのが、ETFです。
ETFというのは、簡単に言えば【上場投資信託】です!
ETFは、株式投資と投資信託という2つ目の面を持っています。
ETFの特徴としては、売買が自由出来ることが特徴です。

具体的に説明すると、普通の投資信託であれば売買が1日に1回と決まっていますが、
ETFは、株式投資と同じく自由に取引が出来るという特徴を持っています。

個人向け国債

財テク方法3つ目として挙げられるのが、個人向け国債です!

国債が分からないという方の為に説明を致しますと、国債というのは【国が発行する債券】ということです。
国債を使用した財テク方法というのは、その国債を購入することで、利息と共に元金が返ってくるという方法です。

【国が発行した債券を買う事で、なぜ利息と共に元金が返ってくるのか?】と疑問に思う方も少なくないと思うので、ご説明します。
普段私たちが国や銀行からお金を借りると、日数や借りた金額に応じて利息が付いてきますよね。

これは国債も同じで、国が発行している債権を購入することで、私たちが国にお金を貸したという事になり、貸した期間や金額によって利息の金額が変わってくるのです。

だから、国債を買う財テク方法が存在するのです。



不動産投資型クラウドファンディング

財テク方法4つ目は、不動産投資型クラウドファンディングです。
不動産投資型クラウドファンディングは、初心者からの人気が爆増しています。

理由は、数人で不動産を取得するので、少額の出資からでも不動産投資が出来てしまうからです。
不動産投資型クラウドファンディングの構造は、以下のようになっています。
ファンディングが、不動産投資をしたい人を集め、その集めた人からお金を徴収し、集まったお金を活用して不動産投資を行うという構造です。

不動産収入が入ってくれば、ファンドから出資者へお金が配られます。

ふるさと納税

財テク方法5つ目は、ふるさと納税になります。
ふるさと納税というのは、お金を市区町村に寄付するという事です。

【え?そんなことしたら財産が増えないじゃん】と疑問に感じた方も沢山いると思います。

ですが、それは間違っています。
ふるさと納税って寄付するだけに見えて、裏ではこっそりお礼として高価な品物が送られてくるんです。
だから、ふるさと納税も財テク方法の1つに入れてみました。

それに、ふるさと納税というのは、仮に5万円寄付したと考えた場合、5万円から2000円を引いた金額が、所得税や住民税から控除されるようになっているんです。

そう考えると、実際には約2,000円で高価な品物を手に入れることが可能なんです。

じゃあ、一体どのような品物が貰えるのかというと、地域によっても変わってきますが【高級な和牛やフルーツ】【お酒】【商品券】など数多くの商品が貰えるようになっています。

このようにふるさと納税はめちゃくちゃお得なので、高価な品物目当てでふるさと納税をし、高価な品物を貰っているという方もいるほどです。

ですが、ふるさと納税の寄付額には上限値があります。
年間の上限額は、年収700万円の方であれば66,000円~108,000円まで納税することが出来ます。

年間では、これほどしか納税できませんが、その対価として倍以上の価値がある品物が貰えるので、十分だと思います。
そして他にも、納税したお金の使い方を選択できるというメリットがあります。

どうせ納税をするのなら、やはり地域に貢献できるようなお金の使い方をして欲しいものですよね。
このような事もあり、ふるさと納税は財テク方法の1つに入りました!

さいごに

目指せ財テクニスト!初心者の為に注意点・方法など誰にでもできる財テクを紹介

どうですか?財テクニストを目指せそうですか?
財テクは本当に色々な種類があります。

資金がない方貯められる!初心者でも簡単に楽しみながら始める財テク4選!
財テクというと難しく考えそうなものですが、今回は初心者でも簡単に楽しみながら始める財テク4選を紹介します。資金がない方貯められる方法を公開いたします。

簡単なものから複雑なものまで多種多様にありますが、その1つ1つを理解する事によって始めて財テクの恩恵が受けられるのです。
財テクを極めてしまえばビジネスにもつながります。
資格を取ればお客様に紹介・販売等できますし、セミナーなどで財テクを披露する事も可能です。
また記事にする事によってWebから発信もできますし、さらに動画でユーチューバーにもなれます。

お金に関しての知識というのはお金に繋がるんです。
何で知らないの?って思っても知らない人は本当に多いです。
未だに電子マネーを使ってない人がいますが、ポイント貯まるのにもったいないと思いませんか?
それと同じなのです。

財テクの形は日々進化します。
その中でいち早く情報を手に入れてそして理解する事によって色々なビジネスに発展する事になります。
もし空いている時間があるのであれば財テクに関して1つずつ勉強するのは良い事だと思います。
その勉強が自分にとっての財テクになりさらにはお金が取れる財テクになるのではないでしょうか。

今回は代表的な財テクを紹介しましたが、財テクの種類はこんなものではありません。
もしこの記事で財テクに興味が出てきましたら、まずは今回紹介したものからスタートして頂き徐々に自分で見つけられるように頑張ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました