性格が合わない・相手が理不尽など仕事上の人間関係、苦手な社員との接し方

会社内に苦手な人がいると、頭を悩ませてしまいがちです。そこで、当記事では「苦手な社員との接し方」について、提案をさせていただきます。
苦手な社員がいるのは当たり前のことであり、接し方次第で快適な社会人生活を送ることができますよ。



苦手な社員がいるのは、仕方のないこと

不特定多数の人が集まっている以上、そこに「苦手な人」がいるのは、仕方のないことでしょう。つまり、会社内に苦手な社員がいる場合、それは仕方のないことなのです。
確かに、苦手な社員のことを考えると、うんざりとした気持ちになってしまいます。しかし、仕方のないことなわけですから、受け入れることが大切でしょう。

今までも、苦手な人がいつつも、生きてこられた

今までの人生を、思い返してみてください。おそらく、苦手な人と接する機会もあったでしょうが、それでも問題なく生きてこられたはずです。このように、「苦手な人がいても生きてゆける」ということは、自分自身の人生が教えてくれているわけですね。
今までも生きてこられたわけですから、今という時期に苦手な社員がいるとしても、何とかなってしまうものでしょう。

「苦手な社員がいること」を受け入れよう

苦手な社員がいるのは、仕方のないことなわけです。であるならば、ウダウダと悩むのではなく、「苦手な社員がいること」を受け入れたほうがいいでしょう。
もちろん、苦手な社員のことを、無理に好きになる必要はありません。やはり、苦手なものを無理やり好きになろうとしたら、ストレスが溜まってしまいますからね。
苦手なものは「苦手なんだ」と受け入れて、上手に接することを模索したほうが、心が楽になりますよ。

苦手な理由は、大きく2つに分けられる

性格が合わない・相手が理不尽など仕事上の人間関係、苦手な社員との接し方

苦手な社員がいる場合、「なぜ苦手か」という理由を考えることで、ベストな接し方を見極めることができます。そして、誰かを苦手だと思う場合、その理由は大きく2つに分けることができるのです。

・1つ目の理由…「性格が合わない」
・2つ目の理由…「相手が理不尽だから」

となります。つまり、特定の社員を苦手だと感じているのなら、その理由は「性格が合わない」「相手が理不尽だから」のどちらかな可能性が高いわけです。ぜひ、苦手な社員がいるのなら、「苦手な理由はどちらか?」を考えてみましょう。

「性格が合わない」と苦手意識を感じてしまう

例えば、自分自身が大人しい性格である中で、常にテンションの高い社員がいたら、苦手意識を感じてしまうかもしれません。このように、性格が合わないがゆえに、苦手意識を感じてしまうのは、よくあることなのです。
とは言え、性格が合わないだけですから、「誰かが悪い」ということにはなりません。もしかしたら、相手側も「性格が合わない」と感じて、あなたに苦手意識を感じているかもしれませんからね。
ただ、社会人である以上は、性格が合わない人とも、接してゆかなければいけないわけです。

「相手が理不尽」でも苦手意識を感じてしまう

相手が理不尽である場合、やはり苦手意識を感じてしまいやすいでしょう。ただ、理不尽であるのは人間性の問題ですので、「完全に相手側に非がある」と考えることができます。
また、理不尽な社員は、多くの人から嫌われていることでしょう。そのため、「あの社員を嫌っている人は多い」と思えれば、仲間意識のようなものを感じることができて、気持ちを楽にすることができますよ。
しかし、理不尽な社員がいるとしても、同じ会社内に属している以上は、接してゆかなければいけないのです。

「苦手な理由」によって、ベストな接し方は変わる

特定の社員に苦手意識を感じる場合、その理由は「性格が合わない」か「相手が理不尽だから」の、どちらかの可能性が高いわけです。そして、それぞれの理由によって、ベストな接し方は異なってきます。
つまり、苦手な社員がいるのなら、その理由を考えて、ベストな接し方を見極めることが重要なわけですね。
ここからは、「性格が合わない社員」と「理不尽な社員」の、それぞれのベストな接し方について、提案をしてゆきます。

「性格が合わない社員」との接し方

性格が合わない・相手が理不尽など仕事上の人間関係、苦手な社員との接し方

特定の社員に苦手意識を感じる大きな理由の1つ目が、「性格が合わない」になるわけです。ここからは、そんな「性格が合わない社員」との接し方について、提案をしてゆきます。
性格が合わないというのは、仕方のないことですので、深刻に悩みこむ必要はありませんよ。

必要最低限の関わりを意識する

会社内の人間関係において、誰かと無理に関わりを持つ必要はありません。そもそも、会社内の人は、親戚でも何でもないわけですから、フラットな関係で問題ないのです。ましてや、性格が合わない社員がいるのなら、より軽く関わってゆけばいいでしょう。
極端な話ですが、「仕事上の関わり」さえ普通にこなせば、何事もないように時間は流れてゆきますからね。
「挨拶や連絡など必要最低限の関わりさえすればいい」と思えれば、気持ちを楽にすることができるはずです。

悪口を言ったり、避けたりしない

性格が合わなくてイライラするとしても、「悪口を言う」「避ける」などは、絶対にしないでください。これらは、列記としたいじめになるので、行っていいはずがないのです。
先述したように、性格が合わないのは、「誰かが悪い」ということではありません。それなのにも関わらず、相手をいじめてしまうのは、人として最低な行為でしょう。
最悪の場合は、他の社員から懸念を持たれて、会社内での居心地が悪くなってしまうので、絶対に「悪口を言う」「避ける」はしないようにしてください。

場合によっては上司に相談したい

性格が合わないために、苦手意識を感じるのは、仕方のないことなわけです。ただ、接してゆかなければいけないのは事実なため、「どうしようもできない」と悩んでしまうこともあるでしょう。やはり、会社内の人間関係で悩んだのなら、上司に相談するのもいいでしょう。
しかし、性格が合わないというのは、何度も言うように仕方のないことです。そのため、相談をしたとしても、解決にまでは至らないでしょう。とは言え、「苦手な社員がいること」を伝えておけば、配慮してもらえるかもしれないため、相談をして損はないでしょう。

喋ってみたら気が合うことも…

苦手意識を感じてはいるものの、それは単なる先入観かもしれません。例えば、ふとした機会に喋ってみたら、意外と気が合うかもしれませんよ。
だからこそ、たとえ性格が合わないとしても、執拗にネガティブな意識を感じてもらいたくないのです。

・「もしかしたら気が合うかもしれない」
・「タイミングが合ったら喋ってみようかな」
・「自分とは性格が違うからこそ、参考にできる部分があるかもしれない」

などといったように、ポジティブな姿勢でいると、会社内での時間が楽しくなるものですよ。

「理不尽な社員」との接し方

性格が合わない・相手が理不尽など仕事上の人間関係、苦手な社員との接し方

特定の社員に苦手意識を感じる大きな理由の2つ目が、「理不尽である」になるわけです。この場合、「相手の人間性に難がある」ということになるため、今後のことを考えると厄介を感じがちです。
とは言え、相手が理不尽である以上は、「多くの人から嫌われている」と考えることができます。
そのため、「あの人に苦手意識を感じるのは仕方ないんだ」「あの人は他の人からも嫌われているんだ」と思うことができれば、心は楽になりますよ。

理不尽な社員は、多くの人から嫌われている

理不尽な社員については、「多くの人から嫌われている」と考えることができます。つまり、理不尽な社員を苦手だと感じる場合、「他の人も同じように感じている可能性が非常に高い」というわけです。
つまり、あなたが感じている苦手意識は、会社内における大衆意見のようなものなんですね。
言葉は悪いかもしれませんが、「他の人も嫌っているから、自分が嫌っても大丈夫」と思って安心してしまいましょう。
もちろん、苦手な社員の悪口を言ったり、仲間外れにするのはいけません。しかし、心の中で「嫌いだ…」などと思うだけなら、誰も傷ついていないので、全く問題ないでしょう。

上手に避けてみよう

理不尽な人と接したら、疲れてしまう可能性が高いでしょう。やはり、理不尽な人とは、全く関わらないに越したことはありません。
しかし、理不尽な人が同じ会社に在籍している以上は、全く関わらないわけにはいきません。ただ、「上手に避ける」という接し方であれば、全く問題はないでしょう。

・自分からは話を振らないでおく
・相談があるときは他の人にする
・なるべく存在を意識しないようにする

といった具合に、業務に支障が出ない程度に、上手に避けてみるのです。これなら、理不尽な社員が会社にいても、大きなストレスにはならないでしょう。

業務に支障を出してはいけない

会社内に理不尽な人がいるからといって、業務に支障が出るような避け方をしてはいけません。

・無視をする
・報告、連絡、相談を怠る
・仲間外れにする

といったように、業務に支障が出るような避け方をしたら、仕事自体が上手く進みませんからね。
確かに、理不尽な人には鬱陶しさを感じるため、大っぴらに避けたくなるんですけどね。しかし、社会人である以上は、人間関係が原因で業務に支障が出るようなことをしてはいけないのです。



会社の人間関係は深く考えすぎるな

苦手な社員がいる場合、その理由は「性格が合わない」か「相手が理不尽」の2つに分けられる可能性が高いわけです。そして、それぞれの理由によって、接し方は異なってくるわけですね。
ここまでお読みいただけたのなら、接し方についても理解できたため、苦手な社員がいつつも快適な社会人生活を送れるはずです。
最後に、「会社の人間関係は深く考えすぎるな」ということを、提案させていただきます。やはり、人間関係を深く考えないことで、より快適な社会人生活を送れるものですよ。

会社ありきの人間関係に過ぎない

会社内の人間関係は、「会社ありきの人間関係」に過ぎません。つまり、お金稼ぎのために社員が会社に集まり、その結果として生まれた人間関係でしかないのです。
そのように考えると、「会社内の人間関係は深く考える必要はない」と、割り切ることができるでしょう。極端な話、今の会社が財政悪化で倒産したら、その時点で人間関係も壊れる可能性が高いですからね。
会社内の人間関係については、心と心が通ったような「純粋なもの」は、限りなく少ないわけです。

社員とは1日8時間しか接しない

会社にいる時間は、だいたい1日8時間程度でしょう。つまり、会社内に苦手な人がいるとしても、その人とは8時間程度しか同じ空間にいません。また、週休2日の会社に勤めているのなら、「週2日は丸々接することがない」ということになります。
1週間は168時間ですが、そのうちの40時間(8時間×週5日)しか接することがないわけですね。
また、会社には1日8時間ほど滞在しますが、全ての時間を苦手な社員と過ごすわけでもありません。
このように、苦手な社員と接する時間が、意外と短いことを理解すれば、やはり「会社の人間関係を深く考えることはない」と思えるはずです。

会社以外の時間を楽しもう

会社という場所に執着してしまうと、そこでの人間関係に苦しみがちです。では、会社以外の時間を楽しんで、刺激を分散させてみてはどうでしょうか。

・アフターファイブを楽しむ
・週末を楽しむ
・昼休憩は会社外でランチを楽しむ

といったように、会社以外の時間を楽しめば、苦手な社員のことは薄れるはずです。また、様々な場所で人間関係を構築すれば、より会社内の人間関係に対して、「深く考える必要はない」と思うことができますよ。

さいごに

苦手な社員がいる場合、その理由は「性格が合わない」か「相手が理不尽」の、大きく2つに分けることができます。
仮に、性格が合わないがゆえに苦手意識を感じるのなら、「挨拶や連絡はする」といった具合に、必要最低限の関わりを意識しましょう。
一方で、仮に相手が理不尽であるがゆえに苦手意識を感じるのなら、「多くの人が嫌っているから、苦手意識を感じるのは仕方ない」と自分に言い聞かせてしまいましょう。そして、業務に支障をきたさない程度に、上手に避けてゆきましょう。
ちなみに、会社の人間関係を深く考えないようにすれば、より心を楽にすることができるため、快適な社会人生活につながりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました