1日1万円以上、最高報酬100万円ウーバーイーツで稼ぐ方法、成功例

コロナ禍においてウーバーイーツや出前館と言った宅配ビジネスが増えてきました。
東南アジアでは既にGrab、LINEMANといったサービスが流行っておりどちらかというと日本はちょっと遅れている感じかもしれません。
ただその中でもテレビ等の取材でピックアップされる数も増えており、巣籠の流れもあって今後さらに利用者が増える事間違いないでしょう。
そこで今回はウーバーイーツは稼げるのか?そこにフィーチャーして記事を書いていきたいと思います。



ウーバーイーツは稼げるの?

ウーバーイーツで人によっては月100万円稼ぐ人もいます。

しかし、報酬は1件300円くらいからです。
しかも配達員が増えると1人あたり稼げる金額が少なくなる、ライバルのフードデリバリーも多いということもあり、人により稼げる金額は変わってきます。

2021年ウーバーイーツ、出前館はどちらが稼げるのか?報酬、評判など比較
新型コロナにより宅配・デリバリービジネスが伸びてきています。その中で2021年、ウーバーイーツ、出前館はどちらが稼げるのか?報酬、評判などの観点から比較してみます。

どうやったらしっかり稼げる?

効率を考える
どうやったらウーバーイーツで稼げるかは、効率を考えるというのが一番重要です。

土地勘がないところより土地勘があったところの方が良いですし、信号機や道の混み具合、お店が集中しているところなど考慮する必要があります。

1日1万円以上、最高報酬100万円ウーバーイーツで稼ぐ方法、成功例

これを考えなければ後々、チップがもらえたり、ピークタイムであろうと結局は件数を稼げなければ一般的には稼げない仕組みですので効率を考えるのは基本中の基本となります。

チップをもらう

チップをもらうことにより報酬とすることができます。
チップは2000円もらえることもあり報酬としても大きくなる存在ですが、自分からチップをもらうことには限度があります。
誠実な対応かつ気が利く以上のことはできませんし、それくらいでしかチップをもらえる方法がありません。
海外ではチップをもらうというのは当たり前ですが、チップの文化がない日本においてはなかなか期待ができる事ではないかもしれません。

ピークタイムやヒートマップを有効活用

ピークタイムやヒートマップを有効活用することで基本料金に加えて、報酬を増やすことができます。
時間によっては1.1倍や1.2倍の報酬ボーナスがあり、ヒートマップにおいてはエリア内でさらに料金が変わってきますので有効活用することで報酬をもっと増やすことができます。

クエストを達成する

配達報酬の他にクエストという●●件配達したら●●●●円追加で報酬がもらえるというプロモーションがあります。

クエストには難易度があり、件数が増えれば増えるほど報酬額は上がります

また、ウーバーイーツが認める雨の日に限り雨の日のクエストというのが他にできます。
ただ効率を考えて配達するだけでなく、あと何件でクエストクリアかというのも考えて配達することが必要になります。



1日いくら稼げる?

自転車、原付、軽貨物によって報酬が変わるように思えますが自転車でも1日3万円稼ぐ人もいます。
でもこういう人はまれです。
よほど土地勘があるかもしくは体力があるかになってきます。

そう考えると時給は最高で大体2000円が限度です。
効率を考えなければ時給800円いくかどうかですが、どんどん自分の中でやり方を覚えていき件数をこなしていくと時給1000円超えるようになります。

トップレベルになるには

効率を考えるのはもちろんのこと、そのほか例えば自転車・原付・軽貨物どれが地域に向いているか、いかに無駄を減らせるかを考えなければなりません。

効率を考える一環としてショートドロップを増やすことが報酬アップに必要です。
件数を増やすとロングドロップより稼げるというメリットがあります。
ロングドロップは、配達エリアに店舗が密集していなかったり、個人店舗の場合に多いため、そのようなお店を避ける必要があります。

チップをもらえるか、良い評価をレストラン・お客さんからもらえるか、レベルの高いクエストを達成する必要があります。

ただ、チップに関しては必ずしももらえるわけではありませんし、そう簡単に何度ももらえるものでもありません。
現金払いだとお釣りをそのままチップとしてもらえるという話もありますが、そこまで期待しない方が良いです。

1日1万円以上、最高報酬100万円ウーバーイーツで稼ぐ方法、成功例

また、配達で良い評価をもらえるかどうかは重要になります。
自分の評価が90%を下回るとプロではなくなります。
90%以上の評価を心がけることが必要なのと、90%以下の評価であれば自分に不備な点がないか探る必要があります。

レストランの方は忙しいこともあり評価をもらえる可能性が低くなりますが、お客さんからは悪い評価を貰わず良い評価がもらえるようにした方が配達にとってメリットとなります。

そして、雨の日に配達すると雨の日ピーク料金200~400円(天候が悪くないと100~200円)と報酬アップします。
また、雨の日はあまり外に出たいと思う人が少なくなります。
そのためか、雨の日に配達するとチップをもらえる可能性が高くなります。

さらに、雨の日や風が強い日、休みの日、雪が積もった日など外に出たがらない日に稼働することで配達件数を増やし報酬を増やすことができます。



投資を惜しまない

ウーバーイーツはただスマホを用意して配達効率を考えていれば良いわけではありません。
自転車で稼働するのであれば、機能性を考慮した服装、体力を考慮した自転車などが必要になります。

また、原付で稼働するのであれば自転車のように体を動かすわけではありませんので、しっかりとした防寒着が必要です。

さらに、ウーバーイーツのバッグもそのままピックアップした料理を入れれば良いというわけではありません。
料理が崩れたり、こぼれたりしない様にバッグの中にタオルや緩衝材を入れるなどして衝撃を減らします。

必要なものがあり、その中でも省くと評価に関わるところもありますので、足りないものがある場合は惜しまず投資したほうが後々、助かります。

ただ、すでに道具がある人は問題ありません。

何軒こなせば1万円以上いくの?

1万円以上稼ぐには、最低でも20件が目安です。

もちろん、地域やピークタイム、ヒートマップ、クエストにもよって報酬は変動します。

やらずに報酬をあげるというのは難しい事です。
ウーバーイーツは完全成果報酬になります。
1日20件配達する為にも体力だけではうまくはいきません。
体力もそして頭も重要です。
土地勘と経験を活かして何とか最低ラインまでは頑張りたいものです。



自転車だと稼げる?体力に自信があると経費が少ない

ウーバーイーツでは自転車、原付、軽貨物で稼働することができます。

原付、軽貨物は、燃料代、車検やメンテナンス費が自転車に比べると高いです。
一方自転車の場合、チェーンの清掃やグリス添付などありますが原付、軽貨物に比べるとメンテナンス費が少ないですし、維持費がかかりません。

暇だからと自転車で配達しても別に経費がかからないので粗利益だけもらえる状態です。

そのため、体力に自信がある人は自転車稼働がおすすめです。
いくら自転車で稼働しても経費がかかりませんし、もし遠距離のエリアに行けるのであればどこに行っても稼げます。

ウーバーイーツには補償制度があります

1日1万円以上、最高報酬100万円ウーバーイーツで稼ぐ方法、成功例

何かあった時の為に、ウーバーイーツはしっかりと補償制度を用意してあります。
以下がその補償内容です。
(2020年10月1日より「ドライバー自身の補償」というものです。)

下記は簡単にまとめてみました。

対人賠償補償

配達中の事故により他人を死傷させてしまった場合:最大1億円
(示談交渉がない点に要注意です。)

対物賠償補償

配達中の事故により、他人の物品を壊してしまった場合:最大1億円

自分自身への補償

配達中の事故により、あなた自身が死傷した場合:死亡時 1,000万円
葬式費用見舞金:100万円
後遺障害時:1,000万円
手術・検査費用:50万円まで
入院費用:1日あたり7,500円(60日間まで)

入院一時金

ヘルメット装着時:20,000円
ヘルメット非装着時:5,000円

手術一時金

入院し宿泊を要する場合:75,000円
外来手術の場合:37,500円

見舞金:死亡時には配偶者や相続人に15万円

こちらは本当に簡単にまとめたものになります。
筆者自身見落としがあるかもしれません。
ですので”配達パートナー向けサポートプログラム”というページにしっかりと補償内容が載っていますのでしっかり見るようにしましょう。



ウーバーイーツ補償制度だけでは足りない

ウーバーイーツが用意しているこの補償制度は、”配達中”だけのものになります。
という事は、待っている間や、移動中、帰宅途中などは対象とならないのです。

もしそこで事故が起きてもウーバーイーツは全く関与してくれません。

その為にも自分自身で保険に加入しておく必要があります。

安い保険なら月額100円からあります。

オススメなのが
全日本交通安全協会が自転車会員向けに提供している自転車保険で”サイクル安心保険”です。

安い物ですと年間掛け金が”1,670円”からです

個人的には年間掛け金が”2,690円”のものがいいと思います。
入院保険日額3,000円で、賠償責任が最大1億円、さらに示談交渉サービス付きです。

何かが起きてからでは本当に遅いのです。
自分の身を守る為にも絶対に加入しておく必要があると思います。

ウーバーイーツ配達員が稼ぐのにやってはいけないこと

1日1万円以上、最高報酬100万円ウーバーイーツで稼ぐ方法、成功例

交通違反するのは危ないですし、事故に会ってしまっては例え自分が悪くなくても時間の無駄です。

信号無視や歩行者優先など交通は守って配達しないと違反になるというよりも、危ないです。
もちろん、交通法をしっかりと守ることは当たり前です。
いくらクエストがあともう少しで達成できるや配達時間がかかったとしても交通違反になる行為は避けましょう。

お客さん、お店の方に態度が悪いのは悪い評価をもらってしまいますし、悪い評価が増えてしまうと最悪配達ができなくなってしまう場合もあります。

ウーバーイーツでより多く稼ぎたいのであれば悪い評価は徹底してなくすのと、悪い評価がつかないくらいの対応をすることが必要です。

ウーバーイーツはフードデリバリーです。
コンビニの配達では食べ物でないものを配達することもあります、基本配達以外のことをしてはいけません。

ついでにお使いを頼まれるなどする場合は業務外です。
一見業務外のことをしても良いと思うかもしれませんが、他のこともやらされたり、業務に師匠が出てしまいます。

また、女性配達員に被害が多い「顔の写真を送って」などの対応は犯罪に巻き込まれる可能性があります。
キッパリと業務外のことはお断りをしないと後々面倒なことにもなります。

さらに、お客さんやお店の方と無理に打ち解けないことも必要です。
無理に話をしたいなどの行為をすると悪い評価をもらう可能性があり、くどいと犯罪と間違われてしまいます。
ウーバーイーツは基本料理をお届けする職業です。
対応が良いのは稼ぐには必要ですが、無理に打ち解けようとして相手の気分を害してしまわないよう気をつけましょう。



さいごに

テレビで特集されると良いとこどりの感じが多いのでウーバーイーツに魅力を感じる方が多くでるかもしれません。
でも実際ウーバーイーツを経験してみるとやっぱり大変なんです。
地道に1万円稼ぐならもしかすると他の職業の方が固いのかもしれません。

ただウーバーイーツの中でもトッププレイヤーがいるのも事実です。
本当に100万以上稼ぐ人はいます。
そう考えると夢がある職業なのかなと思ってしまいますね。

ウーバーイーツだけでなくどの職業もやっぱりきついんです。

あとこの記事にも載せましたが、補償制度もしっかり読んでおいて下さい。
稼ぐために働いたのに事故をしてマイナスになってしまったらやりきれませんよね。
分からない事だらけだからしっかりと調べておくのも必要になります。

それでも何事にも一生懸命が必要です。
そしてその後報酬がついてくるものだと思います。
今後コロナがどうなるかは分かりません。
そしてコロナが収まった時、テレワークが少なくなるのか逆に多くなるのか分かりません。

それでもウーバーイーツは今の時代に合ったサービスというのは間違いのない物だと思います。
今後これが伸びていくのかどうかもありますが、1度経験するのも面白いかと思います。
是非機会があれば試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました