起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

起業をするにあたっては、慎重になってしまいがちです。しかし、起業で成功したいのなら、「とりあえずやってみる」の精神を大切にしなければいけません。
仮に、起業で失敗をしても、生活保護制度がある以上は路頭に迷いませんので、どんどん行動してゆきましょう。



起業では慎重になりがち

起業をするということは、「初めてのことをする」ということです。また、起業をするということは、「リスクの高いことをする」と言えるかもしれません。少なからず、会社員を続けるよりは、起業をするほうが、「リスクが高い」と言えるでしょう。
やはり、「初めてのことをする」「リスクの高いことをする」わけですから、慎重になるのは仕方ないのです。

慎重になることは、ときには大切だ

例えば、顧客のクレーム対応をするときに、「とりあえず謝罪をする」という行動をとると、墓穴を掘るかもしれません。
やはり、クレームを言う顧客は怒っているかもしれないため、とりあえず謝罪をするだけでは、心に響かないかもしれないのです。仮に、謝罪が顧客の心に響かなかったら、「適当に謝る人なんだ」と思われれて、さらに評判は悪くなるでしょう。
顧客のクレーム対応においては、「慎重に言葉を選んで謝罪すること」が大切になってきますよね。
このように、起業をするとしても、慎重になるということは、ときに大切になってくるのです。

全てに慎重になったら、ビジネスは上手く進まない

慎重になることも、ときには大切なわけです。しかし、全ての物事に対して慎重になっていたら、起業は失敗に終わりやすいでしょう。
そもそも、何事においても、攻めのスタンスでいるほうが、成功しやすいでしょう。例えば、就職活動をするときには、攻めのスタンスでいたほうが、内定を獲得しやすいはずです。「とりあえず応募してみる」「とりあえず面接を受けてみる」という精神が、採用へと近づくわけですね。
それと同じように、起業においても、「とりあえずやってみる」という攻めのスタンスが、成功へと導いてくれるものですよ。

「とりあえずやってみる」の精神を大切にしよう

起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

特に、不安を感じやすい性格だと、「とりあえずやってみよう」と言われても、なかなか行動に移せないはずです。しかし、だからと言って、オドオドとし続けていたら、起業をしても成功しにくいのです。
起業で成功したいからこそ、当記事を読んでいるんですよね。であるならば、ここは意を決して「自分を変えるんだ!」くらいの意気込みで、「とりあえずやってみる」の精神を大切にしてみましょう。

起業に答えはない… だから考えすぎても仕方ない

答えがある問題に直面したら、考えることが大切でしょう。やはり、考えて答えを導き出せば、成功確率を高めることができますからね。
しかし、起業をしてビジネスを進めると、答えのない選択を迫られます。それも、そんな選択を迫られる頻度は、かなり高いと言っていいのです。
人が会社員として何不自由なく働いている中、あなたは自分の力で起業して、お金を稼いでゆくわけですからね。そのため、頻繁に答えのない選択を迫られるのは、当たり前のことなのです。
もちろん、答えがない選択を迫られたとして、解決するために考えることは大切です。しかし、考えてもなお答えが出ないのなら、それ以上頭を使っても意味がないでしょう。



選択を迫られたら、とりあえずやってみよう

つまり、起業において、答えのない選択を迫られたのなら、「とりあえずやってみること」も大切になってくるのです。
例えば、サービスの価格を決めるときに、「何円にしようか?」と悩んだとします。
そして、仮に「1万円が妥当かな」という考えに至ったのなら、「とりあえずやってみる」という精神で、実際に1万円でサービスを売ってみるのです。
もちろん、需要に合わなかったら、1万円のサービスは売れません。しかし、それに気づけたのなら、「じゃあ8千円で売ってみるか」といった具合に、軌道修正していけばいいのです。

とりあえずやってみると、どんどん軌道に乗ってゆく?

起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

何かの物事を進めるにあたって、「とりあえずやってみたら、知らぬ間に熱中していた」という経験を持っている人は多いはずです。例えば、学校の宿題は面倒ですが、とりあえずやってみると、意外と熱中して最後までやり切れるのではないでしょうか。
それと同じで、起業やビジネスにおいても、とりあえずやってみると、熱中して捗る可能性が高いのです。
まさに、とりあえずやってみるということは、業務などを軌道に乗せることにもつながるわけですね。

生活保護制度がある以上、失敗しても餓死はしない

起業をする上で、「失敗したら生活ができなくなる」と心配してしまう人が多くいます。
しかし、生活保護制度がある以上、起業で失敗しても生きてゆくことはできるので安心してください。
「失敗して貯金がなくなっても生きてゆくことはできる」と思うと、心は楽になるはずです。
また、「失敗してもいいんだ」と思えれば、挑戦する気持ちに火をつけることもできるでしょう。
もちろん、「生活保護に頼ろう」という感じに、端から逃げ腰であってはいけません。しかし、将来のことを考えて不安になったときなどに、「生活保護があるから、失敗しても餓死はしない」と思って、安心するくらいはいいはずです。

「とりあえずやってみる」は、ビジネスのスピードにも活きる

ビジネスにおいては、スピードが大切な場面も出てきます。
そして、そのような場面においても、「とりあえずやってみる」の精神が大切になってきます。
「スピードに負けてビジネスで失敗する」なんてことはもったいないので、迅速に動けるように尽力しましょう。



スピードに負けたら、売れるモノも売れない

例えば、起業したあなたは、素晴らしい商品を開発したとします。
言うなら、特許が取れるくらいの、素晴らしい商品です。
しかし、ライバルが一足早く、似たような商品を市場に出したら、たくさん売れてしまいますよね。

一方で、後からあなたが市場に出した商品は、既存製品という位置づけになり、なかなか売れません。
もちろん、ライバルが先に商品を出しているので、特許も取得できないでしょう。
つまり、スピードに負けたがために、「儲かる」「特許取得」を逃してしまったことになるのです。

このように、起業をする以上は、「スピードが大切」という場面が、たくさん出てきます。
そのようなとき、「とりあえずやってみる」という精神でいると、上手くスピードに乗れますよ。

問題などが起きたら、軌道修正していけばいい

起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

また、「とりあえずやってみる」という精神でいると、問題に直面しやすいものです。
いわば、「とりあえずやってみる」という精神は、「人より早く走っている状態」ですからね。

やはり、人よりも早く走れば、見落としがちな点は多くなり、問題に直面しやすいのです。
しかし、問題に直面したとしても、軌道修正をすればいいのです。
まさに、「問題に直面したら、そのときに最善策を考える」ということですね。
確かに、問題には直面しやすいですが、人よりも早く走って、ゴールに一等賞で到着することを目指してください。

問題は悪いものではない

何かに向かって挑戦をすれば、問題に直面するものです。
ましてや、人よりも高ペースで走っていれば、問題に直面する頻度も高くなるでしょう。
つまり、起業をする以上は、問題に直面するのは、仕方のないことなのです。
しかし、そんな問題についてですが、決して悪いものではないですよ。

仮に、問題に直面したのなら、「それを解決したら、さらなる高みを目指せる」と考えましょう。
また、「越えられる壁しか訪れない」はありきたりな言葉ですが、それを大切にしてみましょう。
挑戦をしたからこそ、試練として問題が生じたのです。
しかし、そんな問題を解決すれば、さらに自分とビジネスは成長できるわけですね。



問題が起きたら、軌道修正していこう

起業において問題が発生したら、「軌道修正すること」を意識してみるといいですよ。
例えば、「とりあえずやってみる」の精神でビジネスを進めたものの、「リピーターが離れてゆく」という問題に直面したとします
そして、「リピーターだからと安心して、対応が後回しになっていた」が原因であると判断したとしましょう。
この場合、「リピーターも新規顧客も変わらずに、平等かつ丁寧に対応する」といった感じに軌道修正をすれば、問題は解決できるかもしれないのです。

上質なサービスを提供して、リピーターも獲得できていたからこそ、「リピーターが離れてゆく」という問題に直面したわけです。
そして、そんな問題を解決すれば、リピーターは離れにくくなるわけですから、「売上増加」などの成長が見込めるわけですね。

重大な問題などは、一晩考えてみるといい

起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

ビジネスをしていると、「すぐ決められないような重大な問題」にも直面します。
このような重大な問題に直面したときは、一晩考えてから決断しましょう。

例えば、なかなか利益が上がらないため、「料金を2倍に値上げしたい」と考えたとします。
しかし、仮に料金を2倍にして、多くの客が離れていったら、結果としてさらに利益が下がるかもしれません。
まさに、「2倍の値上げ」というのは、大きな問題になってくるので、一晩考えるべきなのです。
つまり、次の日に起床したときに、「料金を2倍に値上げしても大丈夫だろう」という考えが変わっていなければ、実行してしまって問題ないわけです。

問題が起きたら、勉強をすることも大切

学習をして知識をつければ、様々なことがインプットされるため、問題を解決しやすいでしょう。
やはり、いくら「問題が起きたら軌道修正する」とは言っても、知識が皆無だったら、再び悪い方向に流れてしまいますからね。
特に、大きな問題に直面したのなら、シッカリと勉強をして、自信が持てるくらいの知識をつけましょう。
「本を読む」「ネットで調べる」「有識者に聞く」といった具合に、勉強法はいくらでもあるので、面倒くさがらずにきちんと学習しましょう。

成功者の多くは行動派

「成功者の多くは行動派」というのは、れっきとした事実でしょう。
そして、行動派な人の多くは、「とりあえずやってみる」の精神を大切にしています。
このように、「起業で成功するためには行動力が大切」ということは、多くの先人たちを見てみても理解できるのです。



慎重派の成功者っていますか?

「成功者」と呼ばれる人を、何人か頭に浮かべてみてください。
おそらく、そのほとんどの人が、行動派であるはずです。
そして、そんな行動派の人の多くは、何らかの問題に直面しても、「とりあえずやってみる」という精神を大切にしそうですよね。
一方で、「慎重派の成功者はいるか?」と自問自答してみても、なかなか該当する人が浮かばないはずです。

このように、「慎重派の成功者」は、あまり存在しないのです。
つまり、成功者の多くは行動派であり、「とりあえずやってみる」の精神を大切にしているわけですね。

慎重派でも社会では生きてゆける

慎重派であることは、悪いことではありません。
例えば、とある企業に勤めて定年まで働くのなら、慎重派でも問題ないのです。

また、いわゆる「堅実志向な会社」に勤めるのなら、慎重派な人のほうが重宝されるかもしれません。
「慎重派」も「行動派」も性格の1つであるため、「どっちが優れているか?」と考えるのはナンセンスなのです。

起業で成功したいのなら、行動派であることが大切

起業に悩んでいる方必見!起業は「とりあえずやってみる」の精神!その理由を解説

しかし、先述したように、成功者の多くは行動派なわけです。
特に、一から財を築き上げたような人は、より行動派である傾向があります。
あなたが今後、起業をして成功したいのなら、一から財を築くような経験をすることになりますよね。だからこそ、行動派であり、「とりあえずやってみる」の精神を大切にすることが重要になってくるのです。

さいごに

起業で成功したいのなら、「とりあえずやってみる」の精神が大切になります。
やはり、「起業に答えはない」「ビジネスではスピード重視な場面がある」という点がある以上、「とりあえずやってみる」の精神を大切にすべきなのです。
実際に、成功者の多くは行動派であり、何らかの問題が起きたとしても、とりあえず動いているものですからね。
ただ、「とりあえずやってみる」の精神を大切にしていると、問題に直面する頻度が高くなります。
しかし、そのようなときは、軌道修正してみましょう。
何かしらの答えが出てくるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました