仕事は1時間おきの5分休憩で高パフォーマンスを出す!休憩こそが集中力の鍵

仕事で高パフォーマンスを出すためには、休憩をすることも大切です。詳しく説明すると、「1時間おきの5分休憩」を目安にすると、集中力が高まるため、高パフォーマンスにつながりやすいですよ。
もちろん、頑張って仕事をすることは絶対ですが、休憩することも同じくらい大切なのです。



1時間程度で集中力は落ちてくる

もちろん、何をするかによって、集中力の落ち具合は異なります。例えば、頭をフル回転させるような仕事だと、集中力は5分程度しか持ちません。一方で、ダラダラと進めてもいいような仕事なら、数時間かけて続けることもできるでしょう。
ただ、いわゆる「デスクワーク」の場合は、1時間ほど続けると、集中力が落ちてくる傾向にあります。そして、集中力が落ちた状態で仕事を続けても、パフォーマンスは維持できないのです。

学校の授業だって50分程度だ

学校の授業は50分ほどだからこそ、集中して受けられるのです。おそらく、学校の授業が2時間も3時間も続いたら、いずれ集中力は切れてしまうでしょう。
また、学校の授業は50分ほどですが、その間に休憩があるからこそ、次の授業も集中して受けられるはずです。やはり、授業と授業の間に休憩がなかったら、いずれ集中力は切れるでしょう。
このように、「1時間程度で集中力は落ちてくる」「休憩が集中力を左右する」というのは、学校の授業からもわかることなのです。

趣味だって1時間も続ければ集中力は落ちる

仕事は1時間おきの5分休憩で高パフォーマンスを出す!休憩こそが集中力の鍵

楽しいはずの趣味だって、1時間も続ければ、集中力が落ちてくるものですよ。例えば、読書が趣味であるとしても、1時間ほども本を読めば、飽きを感じてしまうはずです。このように、「1時間ほどで集中力が落ちる」というのは、仕方のないことなのです。
ただ、この記事で言う「1時間ほどで集中力が落ちる」というのは、あくまでも「集中力を必要とするもの」にしか過ぎません。例えば、ネットサーフィンは集中力を必要としないため、休憩をしなくても、長時間かけて楽しめるわけです。
仕事においても同じで、集中力がいらないことなら、休憩が必要ない場合もあります。一方で、デスクワーク程度の仕事は、集中力が必要であり、「1時間おきの5分休憩」が目安になってくるのです。

1時間を超えて高パフォーマンスを出すのは難しい

1時間ほどで集中力が落ちてくるわけですから、「1時間を超えての高パフォーマンスの維持は難しい」と考えることができます。
確かに、何時間も続けて、仕事をすることはできるかもしれません。しかし、確実に集中力は落ちてゆくため、パフォーマンスも下がってしまうものなのです。もちろん、パフォーマンスが下がった状態で仕事をしたら、アイディアが滞ったり、ミスが増えたりするでしょう。
仕事で成果を出すためには、上手に休憩を活用して、「高パフォーマンスの状態」を効率よく作ることが大切なわけですね。

頭をフル回転させられるのは5分だけ

頭を酷使し続けられる時間は、5分程度が限界となります。例えば、ひたすら計算をし続けたら、5分程度で集中力は途切れてしまうわけです。
一般的なデスクワークなら1時間程度の集中力が続きますが、頭をフル回転させられるのは5分程度に過ぎないということですね。
もし、頭をフル回転させないといけない業務があるのなら、「5分間が勝負なこと」を理解しておきましょう。
ちなみに私は、1時間かけて仕事をする場合は、「最初と最後の5分間」に頭をフル回転させています。このようにルーティン化することで、効率よく仕事を進めることができるのです。

「1時間おきの5分休憩」を大切にしよう

一般的なデスクワークでは、1時間程度で集中力が落ちてくるからこそ、休憩をすることが大切になります。だいたい、5分程度の休憩をすれば、集中力をリセットすることができるでしょう。ぜひ、仕事を進めるにあたっては、「1時間おきの5分休憩」を大切にしてみてください。

5分の休憩で大丈夫

「5分」と聞くと短いように感じられがちですが、休憩時間にしては「最適」と言えるかもしれません。例えば、「5分間ボーッとしてください」と指示されたら、「それなりの時間だな」と感じることができるはずです。
実際に、仕事を1時間ほど頑張った後に、休憩として5分間ボーッとすれば、集中力をリセットすることができるでしょう。
また、周りの社員が仕事をしていても、5分程度の休憩であれば、問題なくできるのではないでしょうか。

本当は10分程度の休憩がいい

本当のところは、10分ほど休憩したほうが、より集中力をリセットできるんですけどね。例えば、学校の授業間の休憩だって、10分程度あったほうが、次に備えることができるはずです。
しかし、会社にいるときは、周りの目線もあるため、なかなか10分も休憩できないでしょう。
だからこそ、休憩時間は5分にして、そのときにはシッカリと休んでもらいたいのです。ただ、10分ほど休憩しても問題ない雰囲気だったら、その時間をかけて休憩してしまいましょう。



休憩することを恐れてはいけない

「休憩すべきです」と言われると、悪いことのように感じがちです。確かに、ずっと休憩していたら、それは単なる怠けになるので、行動を改めたほうがいいでしょう。しかし、一生懸命に仕事を頑張る合間の休憩は、必要不可欠なものなので、恐れる必要はないのです。

5分ほど休憩したところで、誰も文句は言わない

そもそも、あなたの仕事への姿勢など、あまり関心を持たれていないでしょう。つまり、オフィス内で5分ほど休憩したところで、誰かから文句を言われる可能性は低いのです。
だいたい、きちんと成果を出していれば、休憩しているところを見られたとしても、文句を言われる筋合いはないですよね。むしろ、「上手にペース配分できる人」と、評価をされてもいいでしょう。
あなただって、仕事バリバリな上司が少し休憩をしていたら、「力の抜き方も上手いな」と感心することができるはずです。

休憩中の態度は大切である

ただ、偉そうな態度で休憩をしていたら、悪目立ちをしてしまい、「なんだコイツ…」と思われるかもしれません。もちろん、いくら成果を出していても、偉そうな態度を見せてしまったら、軽蔑されることでしょう。
例えば、1時間おきに喫煙所に行って、タバコのニオイをさせて帰ってきたら、軽蔑されるということです。
確かに、休憩をすることは大切ですが、周りの気持ちを考えて、悪目立ちしないように注意しましょう。

「1時間おきの5分休憩」の上手な仕方とは

仕事は1時間おきの5分休憩で高パフォーマンスを出す!休憩こそが集中力の鍵

ここまで拝読していただけたのなら、「1時間おきの5分休憩」の重要性を理解することができたはずです。
ここからは、具体的な方法論として、「1時間おきの5分休憩の上手な仕方」を提案いたします。
やはり、「5分の休憩」とは一言に言っても、その過ごし方次第で、その後のパフォーマンスを大きく左右しますよ。

スマホやパソコンは触らない

スマホやパソコンを触るのは、とても楽しいですよね。しかし、仕事の休憩時間は、スマホなどから離れることをオススメします。
と言うのも、スマホなどを触ると、脳や目を疲れさせることになるのです。これでは、脳や目を休憩させることができないため、なるべく触らないようにすべきなのです。
せっかく休憩をするわけですから、目と脳をシッカリと休ませなければいけません。だからこそ、スマホなどの画面は、なるべく見ないでほしいのです。

物事を深く考えない

物事を深く考えると、脳を酷使することにつながります。これでは、脳を休ませることができないため、休憩時間には物事を深く考えないほうがいいのです。
きちんと脳を休ませて、クリアな状態で仕事を開始することが、高パフォーマンスにつながるわけですね。
例えば、休憩時間もデスクにいるのなら、ボーッとしてみてはどうでしょうか。また、コーヒーなどを飲んで、リラックスを目論むのもいいですね。

軽い運動をする

少し体を動かすと、頭はスッキリとしますよね。例えば、仕事で煮詰まったときに、数分ほど散歩をすると、改めてパフォーマンスを発揮することができるものです。そのため、休憩時間の過ごし方として、軽い運動をするのもいいでしょう。
ただ、会社に滞在している以上は、思い通りに運動をすることはできないでしょう。しかし、「ストレッチをする」「軽く通路を散歩する」程度のことなら、会社内でも行えるはずです。

「1時間おきに5分休憩すること」を公言しておく

会社内の人たちに、「1時間おきに5分休憩すること」を言っておけば、惜しみなく休憩できるでしょう。実際に、休憩にはメリットがあるわけですから、自信を持って公言してしまいましょう。

・「集中力は1時間くらいで切れるらしいよ。だから数分くらいの休憩も大切らしいよ。」
などと言えば、会社内の人は理解してくれるはずです。また、このように公言すれば、「自分自身の仕事法で成果を出してみせます」ということを、間接的に伝えることになりますよね。
ひいては、成果を出すことに必死になるため、自分を追い込んで、より集中力を高められるはずです。



切迫している雰囲気の中で休憩する方法

会社内が切迫していると、休憩できる雰囲気ではないかもしれません。しかし、だからと言って、休憩をしなかったら、高パフォーマンスは出せないわけです。
従って、切迫している会社であるとしても、「1時間おきの5分休憩」をすることが大切です。では、どのようにすれば、切迫している中でも、休憩できるのでしょうか。

席を離れて休憩する

周りが慌ただしく仕事をしている中で、のんきに休憩をすることはできないでしょう。ならば、いっそのこと休憩のために、席を離れてみてはどうでしょうか。
例えば、用を足すふりをしてトイレに行けば、往復3分程度は席を離れられるでしょう。そして、残りの2分は「書類を見て何かを考えているふり」などをして、「何もしない時間」を作るのです。
そのようにすれば、「合計5分の休憩時間」を、作ることができますね。このように、切迫している中でも、工夫次第で休憩をすることは可能なのです。

「トイレが近い」と言っておく

・用を足すふりをしてトイレに行けば、往復3分程度は席を離れられる
・「書類を見て何かを考えているふり」などをすれば、2分程度は休憩できる

と提案いたしました。この、「トイレに行く→書類を見る」という行動を1時間おきにすれば、「1時間おきの5分休憩」を実現できるわけです。
ただ、「1時間おきのトイレは頻度が高い」と、考える人も多いはずです。では、「トイレが近い」と、あえて言っておけばどうでしょうか。
例えば、「意識的に水分補給する」という健康法がありますが、それをすれば確実にトイレが近くなります。

・「健康のために多めに水分補給してるんです… なのでよくトイレに行くんです」

などと言っておけば、1時間おきにトイレに行っても、不思議がられることはないでしょう。

席を離れる用事を作る

タイミングが合いそうなら、あえて席を離れる用事を利用してもいいでしょう。用事によって席を離れることができたら、それを休憩時間にすることもできます。

・コピー機を使いに行く
・コーヒーを淹れに行く
・書類を取りに行く

といった具合に、席を離れる用事を使えば、切迫している雰囲気を壊さないながらも、休憩をすることができるのです。
「1時間おきの5分休憩」を実現するためにも、あえて「席を立つ用事」を後回しにするといいですよ。
例えば、書類をコピーしたいとしても、とりあえずは保留にしておきます。そして、仕事開始後1時間ほど経ってからコピー機に向かえば、「1時間おきの5分休憩」をすることができるでしょう。

休憩を否定する会社は、辞めてもいい

仕事は1時間おきの5分休憩で高パフォーマンスを出す!休憩こそが集中力の鍵

高パフォーマンスのためには、休憩が大切なわけです。やはり、休憩を否定されるのなら、辞めるのが身のためなのではないでしょうか。
5分程度の休憩をしているくらいでは、「我慢して働け」とは基本的には言ってきません。そんな中で、仕事を強要してくるのなら、そこは列記としたブラック企業なので、自分の身を守るために転職をしたほうがいいはずです。

まとめ

一般的なデスクワークをした場合、だいたい1時間程度で集中力は落ちてきます。だからこそ、高パフォーマンスを発揮するためにも、「1時間おきの5分休憩」をしてもらいたいのです。

仕事のパフォーマンスの上げ方は本当にそれぞれだとは思います。

今回は休憩というキーワードで考えてみましたが、次回は運動をする事により仕事のパフォーマンスが上がるかを考えたいと思います。

集中力を高める、仕事のパフォーマンスを上げる為には運動が良いという説を考える
仕事に対して全然集中できないという人はどうやって仕事のパフォーマンスを上げているのでしょうか?実は運動をすると仕事のパフォーマンスが上がるというのがあるみたいです。仕事のパフォーマンスを上げる為には運動が良いという説を考えてみます。

ぜひ、仕事で成果を出すためにも、惜しむことなく「1時間おきの5分休憩」を実践していきましょう。

そして自分に合った時間の使い方を考えて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました