初心者向け!投資信託で10年後、20年後の為に堅実な貯蓄

2021年も超低金利。これからどうやって貯蓄していこうかと悩んでいる方は多いと思います。

株?FX?仮想通貨?どれも失敗しそうで怖い。

そんな初心者の方向けに投資信託をオススメします。

初心者向け!公社債投資信託の仕組みから種類、メリット・デメリットなどを解説
投資をやる上で、株やFX、不動産など色々上げられると思いますが、公社債投資信託の場合は国債や社債に投資する事になります。今回は公社債投資信託の仕組みから種類、メリット・デメリットなど解説致します。

10年後、20年後の為に堅実な貯蓄を目指すためにはプロが行う運用に託しましょう。

でも本当に大丈夫なのか?初心者はやっぱり心配です。

投資信託について、貯蓄について初心者向けにまとめてみました。



貯蓄に関して何かしていますか?

貯蓄=銀行に預けてお金を貯めている。

こういう考えの人はすごく損をしています。

銀行に預けるという事は投資をしているのと同じ事です。

そもそも銀行というのはお金を貸してその利息で売上をあげています。

そしてその原資となるものは銀行に預けたお金になります。

バブルの頃は銀行に預ければ年利8%という事もありました。

100万円預ければ年間で8万円も増えます。
これはすごくおいしいです。

では現在の利息はどうでしょうか?

令和2年での利息は0.002%ぐらいです。

100万円預けても15円しか増えないんです。

これってどうなのでしょうか?

もちろん銀行に預ければセキュリティの面で安心かもしれません。

しかし、この利息はかなりひどいものです。

銀行は私たちのお金を第三者に貸して売上をあげているのにその対価が15円です。

どう思いますか?

さらにお金を下ろす時、他銀行、時間外だと手数料がとられます。

これだって何回、何十回、何百回と重なればかなりの痛手です。

銀行が倒産した場合預けていたお金はどうなるか知ってますか?

2つあります。

利息が付く場合は1000万円まで保護されます。

利息が付かない場合は全額保証されます。

これは最初に口座を開く時に選べます。

もちろん知ってますよね?

大手銀行なら何か合った場合、国が面倒をみてくれると思いますが、地方銀行などはどうでしょうか?

やっぱり不安ですよね。

絶対なんかはありえません。

そう考えると1000万以上のお金を保有していればどうしても利息が付かない方を選んでしまいそうな気がします。

それでは銀行は利息が付かないお金で他人に貸していると思うとどうでしょうか?

普通は人にお金を貸せば何かの対価が必要になります。

それが利息になります。

でもそれがないという事はボランティアをしているのと一緒なのです。

ここまで言ってどう思いましたか?

ちょっと損した気分になってませんか?

ではどうすればいいのか?
それをこれから説明したいと思います。



銀行に預ける以外の貯蓄方法

最初に頭に浮かぶのは投資ではないでしょうか。

っというより投資以外はないですね。

投資にも色んなものがあります。
・株式投資
・FX
・仮想通貨
・不動産投資
などなど他にもたくさんあります。

でもどれも初心者だと分からないものです。

よく聞くのは株・FXで成功した、失敗したという話。

儲かればいいですが、もし資産を減らしてしまったら元もこうもありませんよね。

やっぱり分からない事には手を出しずらい。

素人が手を出せば間違いなくプロにやられるんです。

それはしょうがない事。

だから絶対にこれらは手を出さない方がいいと思います。

それじゃあどうすればいいのか?

既にヒントは出てますよ。

素人が手を出してやられるのですから”プロ”にお任せすればいいんです。

初心者向け!投資信託で10年後、20年後の為に堅実な貯蓄

投資信託というお金の運用

投資信託というのは不特定多数の人からお金を集めそのお金でプロが投資してお金をふやしてくれます。
自分に知識もなにもいらないのです。

最悪プロの言いなりでも良いという事。

もちろん投資ですのでリスクもあります。

当然リスクが多い商品に関しては利回りが良く、リスクが少ない商品に関しては利回りが悪くなります。

でも上手く金融商品を組み合わせすれば安定した利益を出す事が可能です。

投資信託は銀行の窓口で買わない方がいいかも

とにかく販売手数料が高いです。

ネット証券なら無料なのに銀行だと有料というのは多くあります。

銀行の窓口で売っているのは営業マンです。
リーマンショックの時もそうですが、営業成績を上げるためにどんな事をしても売ろうという事をしてきます。

詐欺ではないですが、言葉巧みに買わせようとします。

もちろん相手も生活がかかってますから必死ですよね。

プロが投資すると言っても営業マンが投資するわけではありません。

だからこそそこは注意した方がいいかもしれません。

投資信託はどこで買ったらいいのか?

ネット証券が良いです。

その理由ですが、商品のラインナップが多く手数料がとても安いから。

但しこれらはしっかり自分で商品を選ぶ必要があります。

上記でもお話ししましたが、利回りが良い商品はリスクは高いです。そして利回りが悪い商品はリスクが低いです。

これらをうまい具合に組み合わせる事で利益を生み出す事が可能となります。



投資信託は長期保有

プロが商品を考えプロが運用しているわけですから余計な口は挟むなという事です。

今下がっているからやっぱり売却とか考えますとそれは株、FXなんかと同じになってしまいます。

自分で期間を決めていれば別ですが、分からないのであれば絶対長期保有をオススメします。

他にもメリットはたくさんあります。

福利の効果、運用リスク、手数料の負担などなどこういうのはググればいっぱい出てきます。

多分どのサイトもデメリットよりもメリットの方が大きく書かれているのではないでしょうか?

この記事では初心者向けに書いている記事な為、難しい事は書きません。

とにかくプロにお任せしましょう!

株には手を出すな

初心者向け!投資信託で10年後、20年後の為に堅実な貯蓄
”株の勝ち方”株で勝つ方法”などググると絶対と言っていいぐらい最初は高い授業料を払いましたという書き込みがあります。

私の勝手な持論ですが、多分9割以上の方は最初は負けてます。

金額によると思いますが、資金の50%以上は最初に負けている方が多いのではないでしょうか。

そこから色々学びやっと少しずつ勝てるようになる感じかもしれません。

ただそこまでいくのにもたくさんの時間、勉強、そしてセンスが必要になります。

全ての時間を株にかけるというのなら別ですが、本業で仕事をしながらでしたら手を出さない方がいいです。
負けが込むと仕事どころではないですからね。

せっかく頑張って貯めたお金が数秒、数分で消えてく事をイメージしてみて下さい。

本当に株はあっというまですよ。

堅実な貯蓄を目指すなら株には手を出さない方がいいです。

FXには手を出すな

FXは絶対ないですね。

何故ならこれは24時間できるからです。

休憩ないんですよ。

っという事ははまればずっとできてしまいます。




これこそ専業でやっていないとまず無理です。

FXはレバレッジというものがかけられ最大で自分の持っている資金の25倍までかける事ができます。

ようは100万円あれば2500万円動かす事ができるのです。

仮に1ドル=100円だったとしましょう。

25倍のレバレッジをかけ2500万円分購入します。(買い)

これが1ドル=101円(1円上がる)になったとします。

利益は25万円になります。

ただ仮に1ドル=99円(1円下がる)になったとしたら

損益は25万円です。

100万円が75万円になってしまいます。

こんなのがFXでは日常的に起こるのです。

これは貯蓄ではなくギャンブルです。

もちろんFXなりのやり方は色々存在しますが、それこそ株よりも難しいので堅実な貯蓄を目指すなら絶対やめましょう。

仮想通貨には手を出すな

私は1番手を出してはいけないものだと思います。

1番の理由ですが、税金が高いという事。

株、FXに関しては利益の20%が税金ですが、仮想通貨です最大利益の55%になる事もあります。

私はおいしくないと思うんですよね。

(2021年1月現在の話ですが、もしかすると今後税率の引き下げもあるかもしれません)

とは言うものの仮想通貨も株、FXと同じ感じです。

素人が簡単に手を出していいものではありません。

やはり堅実な貯蓄を目指すならやめておきましょう。



不動産には手を出すな

素人は絶対手を出すべきではありません。

本気で不動産をやろうと思うのであれば税金関係の勉強は絶対必須です。

どうしても不動産系はどんぶり勘定になりやすい傾向があります。

そうなると黒字だったものがいつのまにか赤字になっている場合が多いです。

色んな投資の方法がありますが、仮に利回り5%ぐらいのマンションを1000万円購入します。

その場合は年に50万円の利益が出るという計算になりますが、これには色々な落とし穴があります。

利回り5%と言っても不動産取得税、固定資産税など加味されていません。

さらに入居者が退出した場合の修繕費も入ってません。

また入居者を募集する費用・仲介手数料も入っていません。

なので総合的に計算すると結局赤字になっている場合があります。

だからこそ税金関係だったり経費だったり数字に強くなる必要があります。

そういう所をクリアしてからでないと絶対に手を出すべきではなりです。

自分でイチからやる投資は難しい

株・FX・仮想通貨・不動産、一通りの説明をして手を出すなという書き方をさせて頂きました。

初めに勉強しておいても結局は授業料で損するお金は絶対でます。

そうなると人はどうしても損を取り返そうという気持ちになります。

そこからドツボにはまっていくのです。

今回のテーマは初心者向けでの堅実的な貯蓄の仕方になります。

これが何年も投資をしている玄人でしたら読む必要はありません。

但し初心者でしっかり仕事をしているという人であれば参考にして頂きたいです。

初心者というのは本当に良いカモです。

周りから見たらカモがネギを背負って来たぞという感じで見られると思います。

そうならない為にも自分で投資をする事を諦めるのが肝心だと思います。

どの世界にもプロはいます。

プロはやっぱりプロです。

その中で自分なりにプロをどう使うかが1番の肝になってくるのです。



投資は一喜一憂しない

投資に関しては一喜一憂する事はご法度です。

利益が出たから調子にのって他のに手をだしたり、損益が出たからすぐに売却したりなどしないようにして下さい。

そうならない為にも自分ルールを設けて下さい。

例えば
・期間を決める。
・ここまでの損は我慢する。
・〇〇本までしか購入しない。
・金額は〇〇〇万円まで
このような感じです。

これをしっかり守る事でより安定した投資ができると思います。

初心者向け!投資信託で10年後、20年後の為に堅実な貯蓄

投資をする事は誰かが儲かって誰かが損しているという事

もし自分が20万円儲かったとしますよね。

その20万はどこから出ていると思いますか?

国から?違います。損している誰かから20万もらっているのです。

その意味は分かりますか?

ようは投資は騙し合いなのです。

株とかやっていると本当にその意味分かります。

よく掲示板とかで「今買った方が絶対良い」とか書き込みがあったりするのを見かけませんか?

それに便乗してしまう人は投資に向いていません。

お金は魔物です。

一歩扱いを間違えれば人を狂わせてしまいます。

だからこそ自分が儲かった場合は誰かが損しているという思いをしっかりと持った方が良いと思います。



さいごに

安定した投資をしながら貯蓄をしようという記事を書かせて頂きましたが、もし投資が不安であれば何もしないで少しずつ貯めていくのもいいでしょう。

ここまできてそういう話なの?って思うかもしれませんが、私がここで言いたいのはそれだけお金の事に関してしっかり考えましょうという事です。

若い時は元気がありどうしても遊んだり自分の趣味にお金を使ったりしてしまいます。

ただその期間というのは人生の中でもほんの一部になります。

本当に長い期間過ごさなければいけないのは老後です。

60歳を超えて大変な仕事できますか?

そもそも仕事があるのでしょうか?

少しでもそういう考えを持って下さい。

40歳から50歳から考えるのでも遅くはありません。

老後の為にも多少なりとも貯蓄をする事によって楽しく過ごせるのではないでしょうか。

但し間違えてはいけないのは欲を持つ事です。

たくさんお金を持つとどうしても一回りも二回りも大きく見せようとしてしまいます。

そんなのは見せかけです。

どんな時でも謙虚にいく事が大事です。

この記事では株・FX・仮想通貨・不動産に手を出すのは辞めましょうと書かせて頂きましたが、あくまでも副業で軽い気持ちで投資しようかなと考えている人に向けて書かせてもらっています。

※本気で投資の事を勉強しようと考えている方は別です。

少しでもお金の事を考えようかなと思って頂ければこの記事を書いたかいがあったと思っています。明るい未来の為に堅実な貯蓄を目指していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました