FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引は注意!

FX誕生から20年前後(2021年現在)ぐらいでしょうか。
たくさんの方がお金持ちになった人もいれば逆に一文無しになってしまった方もいるはずです。

昔はレバレッジの規制がなくすごいのでは400倍というのもありました。
400倍といったらリスクだらけですよね。
ほぼほぼギャンブルです。

そういうのもあり法改正により現在のレバレッジに落ち着いているわけですが、それでもやっぱりリスクはあります。

FXは簡単に始められますが、やっぱり色んな意味で怖さもあります。
そういうのを知って頂けたら幸いです。



はじめに

副業としてFX投資を考えられている方も多いかと思います。
あくまでもFXは投資であり、大きな富を形成できる人もいる一方で、資金を失う人もいます。そして後者のほうが圧倒的に多い、というのが実情です。

FXにおいてその手法以上に重要なのがそのリスク管理です。
投資というビジネスの性質上、損失を被るリスクがあります。
リスクのコントロールがしっかりできていないと、その損失が耐えられないほどのものになったり、あっという間に許容できる額を超えてしまう危険性もあります。

そこで当記事では、FX取引に潜む様々なリスクを紹介する形で、これから投資を始めようとする方への注意喚起をさせていただこうと思います。

FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引は注意!

市場の暴騰暴落に注意

FXでは、取引形態によりますが、最も多くの人の手法である「デイトレード」では、多くが1つの取引で10pipから30pipsほどの利益を狙います。
多くの証券会社で最小ロットである0.01ロットであれば、100円から300円、といったところで、負けた時の損失もそれと同じか少し少ないくらいの額に設定することが多いです。

ところが、歴史的な金融事件や、テロ、大災害などが起こると、数百pipsや時には数千pipsの大変動が急激に起こることがあります。
証券会社は、強制ロスカットのシステムを導入し、なるべく投資家の資金を守るようになっていますが、それがあまりにも急激だとロスカットが間に合わず、強制ロスカットの基準以上の損失、ゼロカットシステム(口座残高がマイナスになったらマイナス分は補填される制度)のない日本国内の口座であれば残高がマイナスになって追加で請求が来る、なんてことも起こりかねません。

2001年の同時多発テロでは、円相場は1ドル115~122円ほどの間で乱高下しました。
例えばアメリカ国内のテロなのでドル安になるだろうと予想することはできますが、それもそう単純にはいかないこともあります。
2011年の東日本大震災では、日本の第三次なので円安になるのではないかと思いますが、実際には急激な円高となっています。




2008年リーマンショック時には700pipsもの円高が1日で起こるなど、急激な変動により多くの投資家が資金を失いました。
金融市場におけるもっとも大きな乱高下は2015年に起こったスイスフランショック。数分で4000pipsもの変動が起こり、これは強制ロスカットシステムの発動も間に合わず、2000pipsほどの損失を被った投資家もたくさんいました。

これではゼロカットシステムのない証券会社で高めのレバレッジをかけていた投資家は追証をまぬかれることはできません。
対処法としては、必ず損切りを設定しておくとともに、該当する通貨が紙切れになったとしても耐えうるほどの小ロットで取引するか、最悪口座残高を失うだけで済むように、ゼロカットシステムのある海外の口座を利用する、なども考えられます。

これでは間に合わない可能性もありますが、ポジション保有中は常にニュースに気を使い、テロや大地震などの速報が入ったら直ちに手じまいする、という対策法もあるでしょう。

また、取引ができない土日にそう言った大事件があっても、保有中のポジションをいじることができませんので、週をまたいだ取引を避けるのも有効な対処法の1つです。

せっかく勝てる手法に出会い、こつこつと利益を上げてきたとしても、こういった暴騰暴落の時にリスク管理ができていないと積み上げてきたものがすべてパーになってしまう可能性もあります。長くFXを続けていると、こういった暴騰暴落には必ず出くわすと思って対処しておくのが無難です。
FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引は注意!

詐欺に注意

FXを始めようとする人は、多くは将来へのお金に対する不安を持っています。コロナ渦で仕事がなくなった、本業だけで子供の将来や自分たちの老後は大丈夫だろうか、と考え、収入を増やしたいという思いからFXを始めます。

そういった思いに付け込んで詐欺まがいの行為でお金をむしりとろうとする人たちは必ずいます。
そして、それらは詐欺だと思っても「投資」というビジネスの性質上確実に立証することは難しいです。
場合によっては警察が動いてくれることはあるかもしれませんが、それは犯人の処罰のためであり、被害を取り戻すために動いてくれることはほぼないでしょう。

ですから、初心者投資家を狙った詐欺行為にはくれぐれも注意が必要です。
よくあるのが高額なツールや塾への案内です。
それらのすべてが詐欺だとは言えませんし、有用なものもたくさんあるでしょう。しかし、悪質なものも潜んでいるので注意を怠ってはいけません。
特に「初心者がいきなり何百万も稼げる」などといった文言には注意が必要でしょう。
FXは初心者が簡単に勝てるほど甘い世界ではありませんので、甘い言葉には罠があると考えてください。
対策としてはお金よりも時間をかけながらデモ口座などで勝てる方法を取得していくことでしょう。




証券会社自体が詐欺まがいな行為を行う頃もあります。
3つの通貨を両建て状態にして相場変動のリスクがない状態でスワップ金利がプラスになるように設定されていた証券会社があります。
ところが多くの人がその手法を用いている中で突然スプレッドを400pipsほどに拡大し、多くの投資家を口座破綻に追い込みました。
その証券会社は「システムトラブルなので損失は補填します」といったまま2か月以上補填を行っていません。
そしてなぜかその手法を紹介したその証券会社のアフィリエイターの多くもその後連絡がつかなくなっています。

自身のアフィリエイト収入のみに目がくらみ、使えないEA(自動売買装置)を提供するアフィリエイターもいます。
悪質EAを稼働していたら朝起きたら資金がなくなった、という話もよくあります。

もちろん使えるEAを提供しているアフィリエイターもいますが、なかなか区別もつきません。

こちらも対策としては「そのEAが今保有しているポジションを見せてほしい」「しばらくデモで使わせてほしい」とお願いをし、「保有中のポジションが真っ赤だった(含み損を多く抱えつつの運営)」、「デモで使ったら大赤字になった」「保有中のポジションを見せることやデモでの使用を拒否された」などの場合は使用を控えるのが良いでしょう。

提供後「今日は大統領選挙があるから稼働を止めましょう」など、継続してサポートをしてくれるかどうかも重要なポイントです。

出来心による無茶な取引に注意

FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引は注意!

最後に、自分自身が無茶な取引をしないように注意が必要です。
FXは、スマホ1つで、ワンクリックで簡単にエントリーができます。
海外の口座ですと、数百倍や数千倍のレバレッジをかけることができますので、「出来心」というのが発生しやすいです。

ここで一気にハイレバレッジをかけたら一気に大金が得られるかもしれない、とエイヤで取引を行うと、一瞬にして口座残高がなくなる危険性があります。
FXのリスクの1つとして、簡単にボタン1つでお金を溶かすことができる、という点も挙げられます。
取引の有無に関しても、レバレッジに関しても、必ず根拠を持って行わなければ、ゆくゆくは資金を失うことになります。

海外のFXはかなりリスキー

”FX 海外 レバレッジ”
こういう風にググって下さい。
そうすれば色んな情報が出てきます。
日本とは格の違いを見せつけられますよ。
びっくりするのはレバレッジ5000倍!




こちら限定口座ですが、1000円で500万円の取引ができてしまうハイリスクなFX業者です。
他にも3000倍など色々探せばたくさんあります。
そういう所でFXをやるのは本当に辞めましょう。
一瞬で貯めていたお金が吹っ飛びます。
逆に借金を背負う羽目になるかもしれません。

ただカイジみたいな考えの人もいるとは思いますので絶対にとは言いませんが、覚悟は必要です。

ルールを無視した取引はいずれ破産します

FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引は注意!

FXは株と似て異なりますが、唯一近いとすれば自分ルールです。

FXも個々で合った取引の形があります。
その中で自分ルールはかなり必要です。

そしてFXの場合は株とは違って1日中取引できてしまいます。
なので自分で終わりを見つけない限りは反省する時間もありません。

そう考えると株以上にFXの方が自分ルールが大事になります。

人間である以上間違いは仕方ないです。

しかしその間違いを何度も繰り返さない事が必要となります。
その為にも自分ルールをしっかり決めて守らないといずれFXの世界から退場となります。

FXは株よりも破産速度が早いです。

取引時間も長いですし、レバレッジという魔法もあります。

とにかく無茶をしない事が大事です。
儲かったからいいやではなくルールが守れたからよかったという認識にしながら取引を行うようにしましょう。



さいごに

「FXにおけるリスクの紹介!暴騰暴落や詐欺、出来心による無茶な取引にはくれぐれもご注意を!」と題し、FXに潜むリスクについて紹介してみました。

・FXにはリスク管理が必要
・相場の暴騰暴落に備えた対処が必要
・初心者投資家や情弱者をねらった詐欺まがいな行為に注意
・出来心で無茶な取引をしないように注意

いくら昔のようにレバレッジが低くなったとは言え今のFXのレバレッジでも一文無しになる事は容易です。
せっかく貯めたお金を1日にして0円にするのはとても辛い事だと思います。

そうならない為にも色々なリスクをあげています。

”私は大丈夫”そう思っている人こそとても危険です。
FXにおいて慎重こそ最大の武器だと思っています。

投資の世界というのは生き残るのは非常に厳しいといわれていますが、当記事を読まれている皆様は、ぜひリスク管理ををしっかりされたうえで勝ち組になって頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました