プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

企業で使われている会計システムや物流システム、そして家電製品など、私たちの身の回りにあるさまざまなものがコンピュータープログラムで動いており、こうした多種多様なシステムの開発に携わる職業としてプログラマーが存在します。

今や、子どもから高齢者まで誰もが利用するインターネット。

そのインターネットの仕組みの多くがプログラマーの手によって作られたプログラムで動いているのです。

そんなプログラマーの仕事内容はどういったものなのでしょうか?

今回は、そんなプログラマーにの仕事内容や給与ついて詳しく解説していきます。



プログラマーの仕事内容

プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

プログラマーと言えば、難しそうなコードを入力しているイメージが強く、カッコよく見えますよね。

でもプログラマーの作業は本当に地味なんです。

カッコよくコード打ち込んでいるイメージですが、常にトライアンドエラーの繰り返しです。

プログラムを書いていてもそれが思ったように動かなければ意味がありません。

ここでは、プログラマーの仕事内容について説明します。

手を動かしてプログラミング作業を行う技術者

プログラマーは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作る仕事です。

似た職業としてシステムエンジニアがありますが、彼らがシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラムを作り上げるといった流れの仕事です。

とにかうプログラマーは仕様書を大事にします。

何故なら仕事でありトラブルを避ける為です。
(そう考えると仕様書がしっかりしていなければまともなシステムはできないという事になります。)

仕様書通りにプログラムを組んでそれが実際に動くのかどうか確かめるまでがプログラマーの仕事になります。

プログラマーになるためには?

プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

大学、短大、専門学校などを卒業後、システム開発会社などIT系企業でプログラマーとして働くのが一般的な道であるため、理系が多いのは事実ですが、プログラミングは独学可能であり、やる気があればスキルも身につけられるため、文系のプログラマーも活躍できます。

理系・文系関係なくIT技術に興味を持てるかどうかが何よりも重要です。

そして何度も言いますが、プログラマーは華やかに見えますが地味な仕事です。

なので我慢強い方、そして鬱になりにくい方などが合っていると思います。

プログラマーに資格は必要ない

もちろんプログラミング言語を扱う職業であるため、プログラミング言語などの知識や技術が必要ですが、なるために絶対に必要とされる資格や学歴はありません。

しかし、大学の理工系や情報処理系の学部、専門学校などで、開発言語の基礎知識を身につけておくと就職に有利になる可能性があります。

もちろんプログラマーにおいての資格はいくつもあります。

ただその資格を持っていても実践で使えなければあまり意味がありません。

それでもIT業界では資格を持っていることで自分のスキルを証明することにもなり、資格取得を目指して頑張っている人も多くいます。

そしてIT技術者として働く人が最初に取るべき資格として「ITパスポート」や「基本情報処理技術者」があります。

そこからは、各々のプログラマーとして歩んでいく道に必要な資格であるプログラミング系の「C言語プログラミング能力認定試験」「Oracle Certified Java Programmer」「Ruby技術者認定試験制度」などを取得すると良いでしょう。

但し、プログラマーは実践で本当に使えるかどうかです。

またフリーで働きたいのであればそれなりの技術、経験が必要になります。

それこそ資格なんて言うのは飾りみたいなものです。

もしプロのプログラマーを目指したいのであれば常に最前線でコードを書く必要があると思います。



プログラマーの働き方

プログラマーは、会社員として働いたりフリーランスとして活動したりと、人によって様々なイメージがあると思います。

プログラマーが楽なのか、大変なのかも気になる方は多いかと思います。

ここでは、プログラマーの働き方について説明します。

多種多様な働き方

多種多様な働き方ができる仕事であるため正社員として会社に勤める人もたくさんいますが、契約社員やアルバイトとして雇用される人も少なくありません。

また、派遣のプログラマーが多いことも特徴です。

派遣会社から就業先へ派遣される一般的な派遣以外に、派遣会社へ正社員として入社し、別企業である派遣先へ派遣されて、そこで開発プロジェクトに携わっていく「特定派遣」というスタイルで働く人も多くいます。

さらに会社には所属せず、フリーランスで活躍している人も多数います。

プログラマーの主な活躍の場としては、システム開発会社やWeb制作会社、自動車や家電などの各種メーカー、またスマートフォンで動くアプリの開発をするソーシャルゲーム業界などが挙げられます。

また、ある程度の実績や経験を積むとフリーランスとして働くプログラマーも多く、その場合、時間や場所に縛られずに多様な案件にチャレンジしながらスキルアップを目指すことができます。

休日、勤務時間はどれくらい?

企業で働くプログラマーの勤務時間は、他職種の日勤オフィスワーカーの人と同様、9:00~18:00くらいの時間帯となります。
休日は完全週休2日制の会社が多く、トラブルのない平常時はきちんと休めるでしょう。

ただし、納期ありきの仕事であるため、スケジュールが押していたリ、プログラムに意図しない不具合があったりした場合には残業をせざるを得ない状況になります。

ときには深夜まで対応したり、休日出勤を求められることも出てくるかもしれません。

プログラマーの給与・年収

プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

難しいプログラミング言語を扱うプログラマーですが、一番気になるのは給与ですよね。

ネット系の会社は売上が高そうなイメージもありますし、そう考えるとプログラマーは高い給与を貰ってそうと思われがちですが、一体どれくらいなのでしょうか?

ここでは、プログラマーの給与について説明します。

給料は多種多様

企業に勤めるプログラマーの場合、企業の規模やキャリア等によって収入や待遇は異なりますが、平均的な年収は350万円~500万円程度です。

フリーランスとして働くプログラマーの場合、高いスキルや営業力を生かして年収1000万円以上を稼ぐ人もいるため、多種多様と言えるでしょう。

プログラマーの将来性

プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

今後は5Gの導入などもあり、需要がますます増加していくことが予想されるプログラマー。

そのため、失業する可能性が低いというのは利点ですが、技術の発展に伴い必要とされるプログラミングスキルもハードなものになっていくことに注意が必要です。

ここでは、プログラマーの今後の需要、将来性について説明します。

今後の需要は?

IT業界では、プログラマーは常に一定の需要があります。

システムへのニーズがインフォテックニカンケヒタイスガに増加・多様化していく中で、プログラマーの需要は今後も大きく減少することはないでしょう。

IT企業だけでなく、家電業界、自動車業界、ゲーム業界など、さまざまな分野で活躍しています。

プログラマーを目指す若者には、多くの求人があります。

情報技術の発展に対応する必要がある

情報技術の発展が急速に進む中、プログラマーも常に最新の技術をプログラミングに取り入れる必要があります。

その結果、さまざまな企業で熱意と勢いのある若いプログラマーが活躍し、早い段階で実力を発揮する機会が増えていますが、継続的にスキルを向上させ、キャリア開発に取り組まなければ生き残っていくのは難しいでしょう。



コロナ禍においてのプログラマーの需要

コロナ禍においてテレワークが注目されてきました。

その中でプログラマーは家でできる仕事であり、成果さえあげていれば文句の言われない職業です。

なのでタスクが与えられれば提出期限に間に合えばその間何をしていても文句を言われないという事です。

もちろん仕事においての責任はありますが、やる事をしっかりやっていれば問題ないのです。

そう考えると家でできる仕事としてプログラマーとしての人気は高くなるのではないでしょうか。

しかしながらその需要もAIの発展において奪われる可能性もあります。

やりたい事言えばをAIがプログラムを組んでくれる時代が来るかもしれません。

そう考えると今後需要が高まるプログラマーとしてはAIを作れるプログラマーが必要とされるのかもしれません。

AIで使うプログラム言語

AIを作れるプログラマーが必要とされると書かせて頂きましたが、現在AI開発の為に必要な言語はPythonという言語になります。

ちなみに私の知り合いでPythonをかけるプログラマーがいますが、現在引く手あまたみたいです。

それだけAIの需要が高まっているという事を意味しているという事です。

もちろん今後、AIの需要が高まるのか?またAI開発の言語でPythonから他の言語に変わるのか?それは分かりません。

ただAI関連の需要は今後も発展しそうですのでPythonを中心に色んな言語を覚えていければ流行にのっていけるのではないでしょうか。

さいごに

プログラマーの資格、年収、将来性、稼げる、儲かるかを解説します

IT業界は人材が不足している業界のため、プログラマーの就職状況は悪くありません。

中国やインドなどの海外に開発がシフトしているという状況もありますが、依然として需要は高く、スキルの高い人は高い給料を得ることができる仕事です。

プログラマーという職業は、弁護士や医師と違って、比較的最近に誕生した職業です。

そのため、フリーランスとしてクラウドソーシングで依頼を受けるプログラマーが存在したりと、比較的時代の変化に適応した仕事になっています。

その一方、フリーランスなどの多くのプログラマーが存在しているため、微妙なプログラミングスキルしか持っていないプログラマーはもはやクライアントには相手にされません。

一方的に時代の変化に乗ってプログラマーデビューするのではなく、自分から時代の変化を観察して需要の高いサービスを提供することが求められるのです。

現代の社会はプログラマーがなくては成り立たないとも言えるほど情報機器が発展してきています。

今後も発展し続けるであろう情報技術に関わることが出来るというのは非常に価値のあることです。

是非、興味があればプログラマーを目指してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました