就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

2021年GW特別シリーズ第3弾!就活記事!

■第1弾

就活で希望の就職先を叶える為、採用される為に必要なアピールポイントを考える
就職活動は大変です。新卒、転職色々あると思いますが、その中で大事なのは自分のアピールポイントです。今回は就活で希望の就職先を叶える為、採用される為に必要なアピールポイントを考えてみましょう。

■第2弾

就活で重要なネクタイ、面接で合格に導く為のネクタイの選び方を考えます
就活で必要な服装はスーツですが、その中で重要なアイテムと言えばネクタイです。今回は就活で重要なネクタイ、面接で合格に導く為のネクタイの選び方を考えます。

■第3弾

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?
人生の岐路となる就職活動。その際の面接で遅れてしまったら減点対象になってしまいます。そこで就職活動の面接時、就活生は車で行っていいのでしょうか?それとも電車などの公共交通機関がいいのでしょうか?

■第4弾

就活生が考える、就職 できる気がしない。就職活動に悩んでいる人の為の記事
頑張って就職活動しているのに全く受からない。就職 できる気がしない。就職活動で上手くいかずに悩んでいる。そんな就活生の悩みについて考えたいと思います。

人生において1度ぐらいは就職活動は存在するものです。
そして人生の岐路になる特別な日にもあるかもしれません。

そんな時面接に遅れたりしてしまったら印象悪いですよね。

そして遅れる原因として挙げられるのが寝坊もしくは交通機関でのトラブルになります。

寝坊に関しては社会人としてあり得ない事であり救いようがない事ですが、交通機関でのトラブルはしょうがないかもしれません。

ただこれが車で行っているというのであれば話は別です。
車の場合はなかなか言い訳が聞きません。

それが何故か?それを今回は説明したいと思います。



就活生の多くは公共交通機関で面接へ行っている

皆さんは、どのような移動手段で面接へ行こうと思っていますか?

恐らく車で面接に行こうと思っている方が数多くいると思います。

しかし、就活生の多くは公共交通機関で面接へ行っています。

【え、車で面接に行ってはいけないの?】という疑問が出てくると思います。

この疑問については下記で説明しますので、下記を参考にして頂ければ幸いです。

就活生は面接に車で行っても良いの?

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

結論から言うと、車で面接に行くのはNGです。

確かに、企業からは【車で面接に来るのはNG】という指示は受けていないと思います。

しかし、これは【当たり前】のことです。

企業側は、まさか就活生が車で面接に来ると思っていません。
なので、あえて【車で来るのは禁止】という指示をしていません。

では、なぜ車で面接に行くのがNGなのか、その訳については以下で説明します。

就活生が車で面接に行くのがNGな訳

ここからは、就活生が車で面接に行くのがNGな訳について紹介していきます。

就活生は、車で面接に行くのは極力避けた方が良いです。
その理由は以下のように成ります。

・事故に遭うから
・渋滞が発生するから
・通勤するときのイメージが出来なくなるから
・そもそものマナーだから

就活生が車で面接に行くのがNGな訳は以上に成ります。
より詳しく知りたいという方の為に、一つ一つ掘り下げて解説していきます。

事故に遭うから

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

就活生が車で面接に行くのがNGな訳1つ目は【事故に遭うから】です。

車で面接会場まで移動していると、事故に遭う可能性があります。
事故に遭えば面接の時間までに間に合わせることが出来ません。

すると、本来なら就職できていた企業なのに【落ちてしまった】という事があり得えます。

確かに公共交通機関でも事故などが起こる可能性もあります。
しかし、公共交通機関で事故が起こり、面接時間に遅れたとしてもしっかりとした理由が付けられます。
しっかりとした理由を付けることが出来れば、面接の遅刻理由としても受け入れてもらえます。

ですが、車で事故が起きた場合はどうでしょうか。
【それはあなたの注意不足ですよね?】と言われて終わりです。
これらの理由があるため、就活生は車ではなく、公共交通機関で面接に行かなければいけないのです。

渋滞が発生するから

就活生が車で面接に行くのがNGな訳2つ目は【渋滞が発生するから】です。

車で面接に行こうと思っていた矢先に渋滞が発生して面接時間に送れてしまった、という事は珍しくはないです。
もし、遅刻しながらも面接に行ったとしても最終的には落とされることが決まっています。

ですが、電車であれば渋滞が発生しませんし、もし電車で渋滞したとしても遅延証明書が利用できるため、最悪の事態である【落とされる】事はありません。

簡単に言えば以下のように成ります。

車であれば、全て自己責任なので面接に落とされます。
電車であれば、遅延証明書が利用できるため、落とされることはありません。

これらの理由があるため、就活生は車ではなく、公共交通機関で面接に行かなければいけないのです。

通勤するときのイメージが出来なくなるから

就活生が車で面接に行くのがNGな訳3つ目は【通勤するときのイメージが出来なくなるから】です。

車で面接に行ってしまうと、最寄駅から会社までが【何キロあるのか】もしくは【何メートルあるのか】という事が把握できません。
このような事が把握できなければ、就職した際にどれくらいの速さで歩けば良いのか、何時の電車に乗れば良いのか、という事も分からなくなるため、就職した初日から【遅刻してしまう】という事に繋がりかねません。

遅刻というのは社会人として絶対にしてはいけない事なのです。
その1歩目で遅刻してしまうという事であればとても印象が悪いですよね。

以上の点から、就活生は車で面接に行くのではなくて、公共交通機関などで面接に行く必要があるのです。



そもそものマナーだから

就活生が車で面接に行くのがNGな訳4つ目は【そもそものマナーだから】です。

世の中では就活の際は【車で面接に行ってはいけない】というマナーが定着しています。

これは採用情報には書かれてはいませんが、普通の事なのです。

だから就活生が車で面接に行ってはいけないというマナーが定着していることから企業側が車で面接に来るのはNGという事を指示しないのです。

企業側としては、言わなくてもマナーだから知っているだろうと考えています。

逆にそんな事を知らないような非常識な人間を採用しようとは思いません。

これらの理由があるため、企業側が【車で面接に来るのはNG】という指示をしていなくても、面接への移動手段は車ではなく、公共交通期間でないといけないのです。

就活生が車で面接に行っても良い例

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

ここからは、就活生が車で面接に行っても良い例を紹介します。
全てが全て電車で行かなければいけないという事ではありません。

ここで紹介する例を参考にしながら、車で面接に行くべきか、公共交通機関で面接に行くべきかを判断してください。

紹介する例は以下のように成ります。

・地域の特性
・企業が車で面接に来ても良いと指示を出している
・最寄駅から面接会場が遠い

就活生が面接に行っても良い例は以上に成ります。
一つ一つ詳しく紹介していきます。

地域の特性

就活生が車で面接に行っても良い例1つ目は【地域の特性】です。

これをお読みくださっている方の中で、交通の便が悪い地域や、移動手段が車しかない地域にお住みになっている方の場合は、企業側が【車で面接に来ても良い】という指示を出してくれる可能性が非常に高いです。

交通の便が悪い地域では、移動手段が車しかなくなるので、車が必需品と成ります。

普通に考えてこの場所に電車で行くという事が考えられない所はあると思います。

そういう所は普通に車でしょう。

なので、車の免許だけは取っておくのはいいのかもしれません。

企業が車で面接に来ても良いと指示を出している

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

就活生が車で面接に行っても良い例2つ目は【企業が車で面接に来ても良いと指示を出している】例です。

地域や、面接会場によっては企業が【車で面接に来ても良い】という許可を出している場合があります。
大企業であれば、駐車場などが整備されている可能性があるので、車で面接に来ても良いという許可を出していることも少なくありません。

しかし、先ほども説明しました通り、車で事故などを起こした場合は全て自己責任に成ります。
なので、出来るだけ車を使用せずに公共交通機関を使用して面接へ向かいましょう。

最寄駅から面接会場が遠い

就活生が車で面接に行っても良い例3つ目は【最寄駅から面接会場が遠い】例です。

最寄駅から面接会場が遠いと、道に迷いやすくなり、面接へ遅刻する人が多く成ります。
なので、このような場合は【企業側が面接会場までは車で来ても良い】という許可を出していることが多いです。

ただ、最寄駅から面接会場が遠いとなると、車で行くのにも苦労する可能性があります。
その時は、どこに面接会場があるのか等を前もって調べておくと安心です。

車で面接に行くときに気を付けるべき点

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

ここからは、車で面接に行くときに気を付けるべき点を紹介します。
企業側から【車で面接に行っても良い】という許可が出ていたとしても、気を付けなくてはならない点が沢山存在します。

もし、気を付けなくてはならない点を理解していなかったら面接に落ちてしまう可能性もあります。

なので、しっかりと気を付けるべき点について知っておきましょう!
気を付けるべき点は以下のように成ります。

・企業へ事前確認を取る
・違法駐車をしない

以上が気を付けるべき点に成ります。
一つ一つ詳しく説明していきます。

企業へ事前確認を取る

車で行く場合は、必ず企業へ事前確認を取らなければいけません。

具体的に確認を取る内容は【車で面接に行っても良いのか?】【もし車で面接に行く場合はどこに車を停めるのか】という内容について確認を取っておきましょう。

逆に面接当日にどこに停めていいですか?なんて失礼な事を聞かないようにしましょう。

これは社会人としての最低限のルールですので、これが出来なければ評価はマイナスになっていしまいます。
そうならないためにも、しっかりと企業へ事前確認を取っておきましょう。

違法駐車をしない

就職活動の面接時、就活生は車で行っていいの?電車などの公共交通機関がいいの?

一番気を付けたいのが、この違法駐車です。

こんな事をは当たり前の事だと思っていても事前に調べなかったばかりに違法駐車をしてしまったという事も事例としてあります。

違法駐車をしてしまうと、企業側に大きな迷惑をかけてしまいます。
企業側に大きな迷惑をかけてしまうと、当然、評価は非常に悪くなります。
下手をすれば、即落とされてしまいます。

そういう事がないように事前に駐車場の確認をする事が大事になってきます。

以上の理由から違法駐車はしないように気を付けましょう。



さいごに

如何だったでしょうか?
就活の時に車を使って良い例、悪い例を理解して頂けましたか?

都内でしたら絶対に電車を使って下さい。
こんな事は言わなくても分かる事ですよね。

でもこれが電車も通っていない、又は面接会場が駅まで遠いという事であればこれはしょうがない事です。
ただできるだけ電車等の交通機関を使う事で何かあった時の保険とはなります。

但し明らかに車で来なければいけない場所もあります。
その辺は自分でしっかり確認をとりましょう。

社会人として失礼のない行動をするのが当たり前になってきます。

それが最初でできるかどうかというのは本当に重要です。

今回は就活での車の扱い方についてお話しさせてもらいました。
まだまだ就活において重要な事はたくさんあります。
それはまたの機会でお話しさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました