編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました

前の記事で漫画家の仕事について書かせて頂きましたが、漫画家にとって居なくてはならない人と言えば編集者です。

人気の漫画家から売れない漫画家まで、種類、仕事内容・流れ、収入を解説
今や日本は漫画大国!ワンピースに鬼滅の刃など人気のコンテンツはたくさんあります。今回は人気の漫画家から売れない漫画家まで、種類、仕事内容・流れ、収入を解説致します。

漫画家だけではありません。
小説家、コラムニストなど文字を書く人にとっては絶対に必要な人です。

編集者に憧れを持っている人、または就職を考えている人にとっては編集者が何をしているかって気になりますよね。

今回そんな編集者の仕事内容や年収など色々まとめてみましたので最後までお付き合い下さい。



編集者ってなに?

簡単に言えば、出版社へ出勤し、書籍などの編集をする人です。

編集者は一つの会社に数人いて、例えば、小さい出版社だと1人~2人、大きい出版社だと30人以上います。

なので、企業の大きさによって編集者の人数が変わってくるそうです。

サラリーマンとは一風変わった仕事ですよね。

編集者の仕事内容

編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました

編集者の仕事内容は、【書籍・漫画・雑誌】などの企画や、編集を行う仕事です。

編集者は、企画や編集だけでなく、書籍の【著者】・【ライター】・【デザイナー】といった書籍の制作に関わる人を集め、書籍の制作に関わる人をまとめ、仕事を発注し、納品日までのスケジュールを組み、書籍の制作を行います。

簡単にいえば、【マネージャー】や、【プロデューサー】といったような仕事に似ていますね。

そして、よく勘違いされていることの一つとして【編集者が書籍の執筆をしている】などの勘違いが挙げられますが、結論から言うと、【編集者は執筆をしていません】。

執筆をするのは、【ライター】さんなので、そこだけ勘違いしないように気を付けておきましょう。

編集者の仕事は小説だけの編集と思われがちですが、編集者は小説だけに限らず、【ノウハウ本】・【漫画】・【雑誌】などの多くのジャンルの書籍を編集しています。

編集者のやりがい

では、ここからは編集者のやりがいについて解説していきます。

全てをご紹介すると長くなるので、今回は編集者のやりがいトップ3をご紹介します。

編集者のやりがいトップ3
・自分が一生懸命に編集した書籍や記事が沢山の人に触れられる
・常に新しい情報と出会うので、いつまで経っても新鮮
・スキルなどに上限がないからずっと磨き続けられる

一つ一つ解説していきます。

自分が一生懸命に編集した書籍や記事が沢山の人に触れられる

編集者のやりがい1つ目は、自分が一生懸命に編集した書籍や、記事が沢山の人に触れられるです。

やはり自分が【企画】・【マネジメント】・【編集】・【出版】をした書籍が沢山の人に触れられると嬉しいものですよね。

ですが、【企画】・【マネジメント】・【編集】・【出版】というのは簡単な仕事じゃないため、かなりの努力が必要になります。

仕事中は辛いかもしれませんし、徹夜で仕事をしなくてはいけない時だってあるでしょう。

そして、その結果、ようやく書籍を出版し、販売され、書籍が多くの人に触れられるのを見ると、とても嬉しいと思います。

この嬉しさをあなたも経験したことがあると思います。

小学生の頃に、本棚を作ったことを覚えていますか?

作った本棚を友達に自慢した際に「すごい!」と褒められて、物凄く嬉しかったのではないでしょうか。

他にも、社会人になって自分のサービスや商品を作り、沢山の人に触れられると、とても嬉しかったのではないでしょうか。

編集者のやりがいは、その感覚に近いと思います。

常に新しい情報と出会うので、いつまでも新鮮

編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました
編集者のやりがい2つ目は、【常に新しい情報と出会うので、いつまでも新鮮】です。

編集者は、書籍の編集を行うため、書籍の内容を0から100まで読まなければいけません。

まあ、簡単にいえば、読書ですね。

編集をするために読書をしていると、自分が知らない情報や知識を本からインプットすることが出来ます。

すると、頭が常に新鮮な状態になり、【今日はこれについて学べた!】ということをやりがいに出来るのです。

まさに一石二鳥だと思います。

【仕事=読書】みたいなもので、常に新しい情報や知識をインプット出来ます。

僕も【編集者になりたいなー】と思うほどです。

スキルなどに上限がないため、ずっと上を目指し続けられる

編集者のやりがい3つ目は、スキルなどに上限がないため、ずっと上を目指し続けれるです。

編集者は、【ライティングスキル】・【リライトスキル】などの【スキル】が必要になりますが、編集者に必要なスキルって実は、どれも上限が無いんです。

どういうことか具体的に説明をしますと、【ライティングスキル】と一口に言っても、【セールスコピー】・【SEOライティング】といった、2種類のスキルが存在します。

ですが、【セールスコピー】・【SEOライティング】のスキルって実は上限がありません。

なので、スキルを伸ばそうと思えばいくらでも伸ばせますし、一生涯学び続けることも可能です。

スキルに上限が無いという事が嫌いな人もいると思いますが、編集者の方って意外と喜んだりするんですよ。

このようなこともあり、編集者のやりがいは、スキルなどに上限がないため、ずっと上を目指し続けれるです。



編集者に適性な人

ここからは、編集者に【適性な人】の特徴をご紹介していきます!

・編集が苦じゃない人
・1日の徹夜なら耐えられる人
・時間管理が徹底できる人

一つ一つ解説していきます!

編集が苦じゃない人

編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました
編集者に適性な人 1人目は、【編集が苦じゃない人】です。

こんなの当たり前ですよね。

編集者というのは、編集という仕事をしなければいけません。

それなのに、【編集をするのが苦という人】に編集が務まるわけがありません。

そして、【編集をするのが苦という人】は恐らく、編集に手を抜いてしまうため出版社から大激怒されたり、会社から解雇処分をされる可能性だってあります。

どうせそうなるのなら、編集者になるのではなく、自分の好きな職業に就職すればいいですよ!

だから、編集が好き、もしくは普通な人が編集者に適性だと思います!

1日の徹夜ぐらいなら耐えられる人

編集者に適性な人 2人目は、【1日の徹夜ぐらいなら耐えられる人】です。

編集者は、他の職業と比べて、徹夜をする可能性が極めて高いため、【徹夜に耐えられる人】でないと編集者に向いていると言えません。

本記事を読んでいらっしゃる方は【え。なんで編集者は徹夜をする可能性が極めて高いの?】という疑問を抱くはずです。

詳しくご説明しますと、編集者というのはライターが執筆した【文章】・デザイナーが作成した【画像】などの編集をしなければいけません。

そこで、もしライターの執筆した文章の量がとても多く、デザイナーの画像に編集が必要だったらどうでしょうか。

恐らく1日では編集が終わりませんよね。

ライターの文章量によっては、2日~3日ほどかかると思います。

それなのにも関わらず、締め切り日が次の日だったらどうしますか?

確実に徹夜をすると思います。

【いや、そんなギリギリの戦いをしないで、もっと余裕を持って締め切り日に間に合わせるだろ!】と思う方いますよね?

ですが、はっきり言っておきましょう。

そんなことは不可能です。

確かにしっかりと余裕を持って、仕事をしていれば、徹夜をするなんてことをしなくて済みます。

でも、編集者にはそんなことは到底できません。

理由は、【ライター】・【デザイナー】・【イラストレーター】のレベルによって、納品期限を遅れてしまったり、ギリギリな方がいたりするからです。

納品期限を遅れてしまった場合は、その埋め合わせをするために編集者が急ぐ必要があります。

なので、編集者は徹夜をする可能性が極めて高いのです。

時間管理を徹底している人

編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました
編集者に適性な人 3人目は、時間管理を徹底している人です。

なぜかというと、編集者にはたくさんの締め切りがあるからです。

例えば、ライターへの修正依頼をする締切日であったり、出版社に仕上がった書籍を出版する締め切りなど、たくさんの締め切りが存在するからです。

このような点を考慮すると、時間管理が徹底している人が、編集者に適性なんです。

編集者の平均年収

編集者の仕事内容は?やりがい、年収は?編集者の仕事をまとめてみました
ここからは、編集者の平均年収についてご紹介していきます。

では、さっそく編集者の平均年収をご紹介していいきます!

まず、【男性編集者】の平均年収からご紹介します。

20代 男性の年収は、約360万円です。

これはサラリーマンと比べると、かなり高い年収じゃないでしょうか。

じゃあ、お次は30代 男性の平均年収をご紹介します。

30代 男性の年収は、約560万円です。

20代の頃よりも、200万円アップしましたね!

さて!お次は、【女性編集者】の平均年収についてご紹介します!

20代 女性編集者の年収は、約380万円です!
【あれ?男性より20万円高いぞ!】

もしかしてこれは男性よりも遥かに高い数字が出てくる気が、、

30代 女性編集者の平均年収は、約460万円です。

【ええー。30代の男性編集者より年収が低いだと!】

いやー、これは意外な結果ではないのでしょうか。

男性と女性では年収の差がかなり開いていますよね。

これは、あくまで一例です。

出版社によって変わるので参考程度にしてください!



さいごに

どうでしたか?編集者について分かって頂けましたか?

編集者といっても本当に色んな種類があります。

ただ今回まとめてみて思ったのは意外と大変という事でしょう。

編集者は漫画家、小説家、コラムニストなどのライターあっての仕事になります。
受け持っている方が遅れるほど大変になるのは編集者です。

サザエさんの中で伊佐坂先生がなかなか書き上げなくてノリスケおじさんが困っている描写よく見かけませんか?

本当にそんな感じです。

でも編集者は絶対に居なくてはならない縁の下の力持ちです。
編集者として働きたいと思った人は是非とも参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました