プライベートライトVol3で稼ぐ

情報起業

商品開発という壁があったとしても、自分の情報商材を販売すれば必ず儲かります。

ですから、ここで情報商材という選択肢を選びましょう。それがベストです!

回答1:自分でE-BOOKを書く
多くの場合、情報商材を作るためには、ライティングスキル、専門的知識、ニッチ市場のリサーチ、および途方もなく深い知識が 必要です。
ですから、ライティングの才能や書く時間がない、ものを書くのなんで大嫌いだとおっしゃるなら、
この選択肢は捨ててください。

回答2:ゴーストライターを雇う
ゴーストライターは、第一人者と言われる人の「秘密兵器」であると言う人もいます。
金銭的余裕があれば、ゴーストライターを雇うのもいい手です。
何万円も払ってゴーストライターを雇うのは無理だと思われれば、この考えも捨てましょう。

プライベートライトVol3

回答3:リセールライト付きの商品購入
再版できる製品を買うのが、手っ取り早いよい方法です。
しかも、利益は100%あなたのものです。
しかし、マイナスの面もあります。商品自体はあなたのものでないということです。
言い換えれば、著作権保持者イコール製品の著作者であるがゆえに、
この製品を使ってできることには限りがあります。

そして、この3つの回答に満足できなければ…

…商品開発はあきらめて、何か別の方法を考えるべきでしょう。

もし、あなたが商品開発の苦労をスキップできるとしたら…

4つの最新E-BOOKを無制限のプライベートラベルライト付きで提供します!

そうです。待ちに待った、新しい情報商材を手に入れる方法があるのです。

お分かりですか?商品開発はすべて完了しているのです!

あなたは何もしなくて良いのです!

「著作権フリー」のプ ライベートラベルライト付き商品を手に入れましょう。

この情報商材は、完全に自由に使えるのです。想像もつかないでしょう。

(プライベートライトVol3のサイトより一部抜粋)

つづきはプライベートライトVol3のサイトから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です