公務員による公務員のための不動産投資の通達で稼ぐ

不動産投資

公務員には国家公務員法又は地方公務員法で兼業禁止規定が定められています。

そのため、多くの公務員は不動産投資をしてはいけないと思い込み、職場に内緒で始めてしまいます。

しかし、これでは遅かれ早かれ懲戒処分になってしまうことは明白です。

懲戒処分にならずに堂々と不動産投資をするための「兼業禁止規定の乗り越え方」をDVDで販売!

公務員による公務員のための不動産投資の通達 DVD2点セット「公務員の不動産投資入門」+「兼業禁止規定の乗り越え方」

不動産投資というのは、例えるなら「結婚相手探す」ことに似ています。

結婚相手のように何十年も共にし、自分に利益をもたらし続けてくれる相手を探すのです。

でも、結婚相手を探すのに、将来どんな病気をするのか、病気をした時にどうゆう対処をしてどこの病院に連れて行って・・・、などと考えますか?

そんなことは結婚した後に考えればいいのです。

要は、「自分はこんな人間だから、相手はこんな人間が相応しい」。

ここを判断出来れば良いのです。

つまり、「自分の年収は◯◯万円で、勤続年数◯年で・・・だから、物件は◯◯万円程度の一棟アパートが投資先として相応しい」

ここまで判断出来るようになることが、不動産投資を始めるために必要なことです。

(公務員による公務員のための不動産投資の通達 DVD2点セット「公務員の不動産投資入門」+「兼業禁止規定の乗り越え方」のサイトより一部抜粋)

つづきは公務員による公務員のための不動産投資の通達 DVD2点セット「公務員の不動産投資入門」+「兼業禁止規定の乗り越え方」のサイトから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です