FX Realize(エフエックス・リアライズ)で稼ぐ

FX FX自動売買 仮想通貨

はじめまして、作者の石塚と申します。

私はこれまで「TURBO FX」「PLATINUM TURBO FX 」「PLATINUM TURBO FX Ⅱ」「Platinum Kubera FX」をリリースしてきました。

これらの教材のロジックは異なりますが、大きな意味でのコンセプトは同じ、「稼ぎながら学ぶ」ことです。

今作「FX Realize」は、より裁量トレードに近い感覚のシグナルを出す事が過去作とは異なりますが、「稼ぎながら学ぶ」と言う大きな意味でのコンセプトは踏襲しています。

シグナルについては別途お話しさせていただきますが、ここではコンセプトについてもう少し詳しくお話させていただきます。

「裁量トレードが最強だ!」

との考えをお持ちの方が多くいらっしゃいますが、その方々の中には、シグナルトレードや自動売買(EA)に否定的な考えをお持ちの方が少なくありません。

「シグナルトレードは学びが無い」や、「EAは、有事などにより一方的な急騰暴落になった場合にナンピンを重ねいずれ破綻する」などの理由を挙げています。

確かに、ロジックがブラックボックスなシグナルは、その様な一面もあると思いますし、EAはロジックによってはハイリスクな物もあると思います。

しかし、シグナルやEAにも長所があり、裁量トレードには短所もあります。

シグナルやEAは、「高い再現性」という事が大きな長所の一つではないでしょうか。

裁量トレードは、裁量と言っても感に頼ったトレードではなく、一定のルールに基づき常に自分で判断しながらトレードしているわけです。

そこに辿り着くまでには、長い年月をかけ学び、売買ルールを構築し、検証し、実践を繰り返して確立したのだと思います。

この様な過程を経てスキルを身に付けた裁量トレーダーは本当に素晴らしく、「裁量トレード最強」との言葉には説得力があります。

だからと言って、皆が同様の過程を踏む事が必ずしも最善とは思いません。

例えば初心者が巷に溢れる情報の中から効率よく必要な知識を得る事は難しいですし、あまり時間が取れない方や、地道にコツコツと検証作業を繰り返す作業が苦手な方など、様々な方がいらっしゃいます。

また、確立するまでの過程はトライアル・アンド・エラー、根気強いメンタルが必要ですから、途中で挫折してしまう方は多いでしょう。

「長い年月をかけて学ぶ」事と、「検証を重ね再現性の高いルールを確立する」という過程を省く事が出来れば、短期間で再現性の高いトレードを実現する事が出来ます。

これこそがFX Realizeのスタート地点です。

「長い年月をかけて学び、検証を重ね再現性の高いルールを確立」、

この部分をシグナルという形にしました。

シグナルを使う事で、最短で再現性の高いトレードをスタートする事が出来ます。

だからと言って、「何も考えずシグナルに従っただけのトレードをしてください」と言っているわけではありません。

ロジックを公開していますので、シグナルが発生する根拠、売買ルールを学んでください。

また、再現性の高いシグナルであっても、どの様な相場でも万能に機能するわけではありません。

得意な相場、苦手な相場、勝ち易いタイミング、負け易いタイミング、様々な状況があります。

苦手な相場は休み、負け易いタイミングでのエントリーは回避したり、効率よく決済するなど、シグナルトレードの精度を高める事を目的に、効果の高いノウハウに絞り学ぶ事が出来ます。

この様に、シグナルだからと言って学びが無いわけではありません。

シグナル発生の根拠を学びながらトレードし、精度を高める為のノウハウに絞り学ぶ事で、短期間で学びながらトレードし結果を出していく事を目指せます。

結果として、短期間で利益を得ながらトレードスキルも身に付いていく…

これこそがFX Realizeの目指しているスタイルです。

再現性の高いシグナルだけでなく、

精度を高める事を目的とした裁量ノウハウも提供しています。

FXトレードをされている方の中には、既に仮想通貨に投資されている方もいらっしゃると思いますが、調べてみようと思いつつも「後で」「また今度」と後回しにしたまま時が経ってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、2017年後半から、タレントを起用したテレビCMやその他メディアへの広告が増え、2017年末には1ビットコインが230万円以上の最高値を付け、億以上の資産を築いた人たちがメディアやSNSで派手に露出し始めた事もあり、仮想通貨の投資経験が無くても、「仮想通貨」や「ビットコイン」と言う言葉を見たり聞いたりした事は多いのではないでしょうか?

その後2018年はビットコインが暴落し、「暴落して大損した…」と聞いてビットコインは危ないと感じている方もいらっしゃると思います。

2018年9月現在、ビットコインの価格は2017年末の最高値から1/3程度に下がり70~80万円程度を上下動しており、2017年の様に上げ続けているわけでないので、買えば資産が増え続けるという状況ではなく、買うタイミングによっては損失を抱えてしまいます。

価格は伸び悩んでいますが、仮想通貨を取り巻く環境は、悲観するものではないと思っています。

仮想通貨はまだ始まったばかりで、FXや株や金などと比べてかなり小さなマーケットにすぎません。

各国で規制・法整備は始まりつつありますが更に進み、システムが強化安定し、セキュリティーが更に強固になるなど、金融商品としての信頼度が高まるにつれ機関投資家の大きな資金が流入してくると予想されています。

大きな資金が入ると、価格が上昇していく事が期待できます。

私たちが仮想通貨を直接使用できる機会として、実店舗やネットショップでの支払いや、送金サービスで仮想通貨が使えるケースが増えてきていますが、まだまだ身近な存在とは言えません。

しかし、仮想通貨の基となる「ブロックチェーン」を代表とするデジタル技術は、大きな革命を起こすと言われている技術で、皆様もご存知の銀行や様々な業種の大企業が参入し開発が活発に進んでおり、安いコストで早く送金や支払いが可能になるだけでなく、様々な分野でのサービスが進化すると期待されています。

この様に、金融商品としての取引だけでなく、世界中で大企業が大きな資金を投入し未来に向け開発を進めている技術という事からも、衰退していく事は考えにくく、大きく成長していく事が期待されています。

投資の基本である「安い時に買って、高い時に売る」事を考えれば、価格が下がっている仮想通貨を買い、将来的な価格の上昇を期待して待つ事も、選択肢の一つとしてはあります。

大きな投資資金を持っている方が、含み損を長く抱えても、価格上昇まで長期を要したとしても許容する前提の資金管理で、資金のごく一部を仮想通貨の買いに充てるのであれば、影響は軽微でしょう。

しかし、限られた資金で投資する場合、長期保有は資金効率が良いとは言えませんし、含み損を長く抱えれば精神衛生上良くありませんし、人によっては大きなストレスになるでしょう。

これは、仮想通貨の現物「買い」だから起こり得る事象です。

(現物と言っても電子データなので物理的な物があるわけではありませんが)

FXや株の空売りをされる方でしたら当たり前の事ですが、仮想通貨も「売り」から入る投資方法があります。

経験の無い方は、「無い物を何故売れるのか?」と、イメージしにくいと思います。

例えば1ビットコインを借りてきて、100万円で売り、90万円に値下がりした時に買い戻し、1ビットコインを借りた人に返します。すると手元には10万円が残り、利益となります。

これが売りから入る投資方法です。

円やドルやユーロと言った法定通貨のFXと同様に、仮想通貨でも売りから入れる投資方法の一つに「仮想通貨FX」と言ったり、特にメジャーなビットコインは「ビットコインFX」「BTC-FX」と言ったりする投資方法があります。

海外ではマージントレードと言ったりしますし、決められた世界共通の言い方があるわけではないのですが、ここでは「仮想通貨FX」「ビットコインFX」「BTC-FX」などと言います。

ビットコインFXであれば売りから入れますので、「高い時に売って、安い時に買い戻す」事ができます。

将来的に価格の上昇が期待されるビットコインではありますが、低価格帯での上下動が長引いたとしても売り買いどちらでも取引き出来、将来的に本格的な上昇トレンドに入っても一方的に上げ続けるわけではなく上げ下げを繰り返しながら上昇していきますので、上げれば買い、下げれば売り、どちらでも取引き出来ますので、効率よく投資する事ができます。

ビットコインFXのメリットはもう一つ、レバレッジをかけられる事です。

レバレッジをかけられるので、少額から取引きする事ができます。

例えば1ビットコイン100万円の時、現物取引きの場合は1ビットコインの買いに100万円必要ですが、FXの場合は5倍のレバレッジをかければ20万円で1ビットコインを買えます。

少ない資金で大きな額を取引きする事で効率良く資金を増やせる事がメリットですが、反面レバレッジをかけた分大きな損失を負うリスクも受け入れる必要がありますので、大きなレバレッジをかければ良いという事ではありません。

投資は勝ち続ける事は出来ず、負けも受け入れ上手に負けながら、長い目で見てトータルで資金を増やしていく事が投資です。

一度に大きなレバレッジをかけて取引してはいけません。

大きなレバレッジをかけて取引きして負け、退場してしまう事は、一番やってはいけない事です。

連敗する事も想定したレバレッジでの取引が必須です。

ビットコインは円やドルやユーロと言った今までのFXよりもボラティリティーが大きく(価格変動が大きい)、勝っても負けても大きくなりやすいです。

今までのFXの感覚よりもレバレッジを抑えた取引きをお勧めします。

ビットコインFXのメリットは2点、

価格の動く方向に関係無く、売り買いどちらからでも取引きできる事と、レバレッジをかけられる事と言えます。

詳細はお伝え出来ませんが、概要でトレードをイメージして頂ければと思います。

トレンド方向へエントリーする順張りです。

エントリーは、トレンド方向から一旦逆に動いた押し目/戻りのタイミングです。

(FX Realize(エフエックス・リアライズ)のサイトより一部抜粋)

つづきはFX Realize(エフエックス・リアライズ)のサイトから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です