アイディア発想術 クリエイティビティ

情報起業

新しいアイディアがなかなか出てこない… 自分には、今のしごとが向いてないのかも…

そんな今までの悩みが嘘のように、次から次へと

新しいアイディアが
湧いて出てくる発想法!?

そんなウソのようなホントのアイディア発想術を
今すぐ試してみませんか?
仕事上起きるとっさの問題に、頭が真っ白になって対応ができなくなってしまう…

会議中に、急に意見を求められると、在り来りな答えしか返すことができず、周りの視線がつらい…

ここ最近、頭の回転が少し鈍くなったような気がする…

企画営業なのになかなかいいアイディアが浮かんでこない

もし、あなたが自分の仕事をしている風景を思い出してみ、ほんの少しでも 
「そういえば…」、 「それわかる!」と感じたなら…

今日お話しする内容は、あなたのワークスタイルを大きく変え、今までとは180度違い、 
エネルギーとアイディアに満ちあふれたビジネスパーソンになれる…

そんなような話を実現できることになるかもしれません。

なかなかいいアイディア、とっさの問題解決作が浮かんでこないんだよな…

もしあなたが実際に仕事上、なんらかのアイディアを必要とし、 
そして、冒頭にも述べたように、なかなかアイディアが浮かんでこない…

もしくは、プロジェクトを運営するうえで必要な決断力、問題解決能力が 
なかなか身につかない…と悩んでいるなら、

今の環境にとても大きなストレスを感じるかもしれません。

もしかしたら、それらの悩みを解決するために、いろいろな方法をすでに試されているのではないでしょうか?

でも、それらのをいくら試したところで、 
焼け石に水ということわざがぴったりと当てはまるように

一時的に効果が現れるかもしれませんが、気がついた時には元に戻ってしまう…

そういった状況を何度も経験されているかもしれません。

なぜ、いろいろと本に書かれている方法が長続きしないの?

あるビジネス系月刊誌には、まるでお決まりごとのように数ヶ月に一回は 
○○○アイディア発想術!などと、あなたの目を引くようなキャッチコピーが書かれていますが

なぜ、このようなアイディア発想術は定期的に取り上げられるのでしょうか? 
よくよく考えてみれば、本当に正しい方法であれば、こんなにたくさんの方法を掲載する必要もないはずです。

それは、現在、世に出回っているいろんな仕事術やアイディア思考術は、 
その大半が、あまりにも偏った方法や、小手先のテクニックだけで、あなた自身のアイディアの根幹を変化させるわけではないからです。

所詮、小手先だけのテクニックでは、あなたの思考の浅い部分は変えることはできるかもしれませんが、あなたの思考のもっと深い部分、つまり 潜在意識の部分まで変えることができません。

そして、この潜在意識を変えようとせずに、表面的な浅い部分を一時的に刺激を与えているだけの 
方法が大半なため、アイディア発想法や問題解決能力が、長くあなたの身に残らないのです。

このことを大勢の人は、「忙しいから仕方ない…」と自分に対する言い訳で、全て解決してしまっている場合が大半なのです。

斬新なアイディアを出すアイディアマンや問題の多いプロジェクトを次々とこなしていくリーダー達があ なたの周りにいるはずです…

でも、あなたと同じ職場でも、次から次へと新しいアイディアを出し続け、 
周りを驚かせるようなアイディアマン

多くの人が、手を出さないような、問題だらけのプロジェクトを 
率先してチャレンジし、周りをいい意味で巻き込みながら、問題を次々と解決し、 
周りから高い評価を受けているプロジェクトリーダー

そんな人たちがあなたの周りにもきっといるはずです。

「彼らには、私にない才能を持っているんだからしょうがないよ!」

そう考えてしまっては、元も子もありません。

でも、彼らとあなたは能力的にはほとんど変わりはないのです。 
ただ、たった一つを除いては…

(クリエイティビティのサイトより一部抜粋)

つづきはクリエイティビティのサイトから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です